« FDA14号機、ワインレッドのJA14FJを北九州空港でキャッチ | トップページ | ハローキティ新幹線に乗って、跨線橋工事中の宇部駅へ »

2019年7月13日 (土)

折尾~本城の築堤部分の線増工事が本格化(工事用踏切が運用開始)

折尾駅の筑豊線ホームが新しい高架に移ってから4ヶ月。

暫定的に単線運用になっている折尾~本城の築堤を複線分に増築する工事が本格化しています。

Img_1658

5月上旬の時点では、旧線路撤去を進めている状態(以前の記事)。

Img_1956
Img_1958

6月下旬までに、運用中の線路と工事用地の間にフェンスが作られました。

Img_1520
Img_1515

近づくことはできませんが、築堤を増やす部分に斜めの板が設置されているのが見えました。

盛土の基準となる丁張りだとすると、もともと線路があった用地をフルに使って盛土をするのでしょう(裾の広い盛土のほうが安定しますが、道路用のスペースを捻出する、といった予定があれば切り立った擁壁を作ることもあり得ます)

Img_1512
Img_1509

工事車両の通路と安全確保用の踏切が設置されましたが、この時は遮断桿が降りたままで、列車が通過しても鳴動せず。

Img_2064

今日、同じところを見に行ってみると、遮断桿が上がっており、警備員が誘導しながらダンプが踏切を通過していました。

Img_2066

列車通過時の作動も確認。

元からある歩行者用の踏切(矢印)と隣接していますが、制御は独立しており、特に本城側は長めに鳴動するようでした。

Img_2068

通路の加減で直角に配置されているのが変則的。

Img_2069

列車が通過するのを待って、ダンプがゆっくり通過していきました。

追記:

キヤノンからPowershot G7X mark3と、G5X mark2の発売が発表されました。

初代G7Xを重宝していて、ブログ記事にも多用していますが、購入から5年近く経ちさすがにくたびれてきました。G7X mark3が出たら買いだと思っていたのですが、テレ端が少し長くなり、マクロ性能も強化されたG5X mark2に惹かれますね。G7X mark3に付いてくるライブ配信機能はたぶん必要ないので余計に…

« FDA14号機、ワインレッドのJA14FJを北九州空港でキャッチ | トップページ | ハローキティ新幹線に乗って、跨線橋工事中の宇部駅へ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FDA14号機、ワインレッドのJA14FJを北九州空港でキャッチ | トップページ | ハローキティ新幹線に乗って、跨線橋工事中の宇部駅へ »

無料ブログはココログ