« JR城野駅近くの「若富士町」交差点の改良がほぼ完了 | トップページ | 北九州でも連接バス"Kitakyushu BRT"がデビュー »

2019年7月25日 (木)

「元号駅」考 ~明治から令和まで

平成から令和への改元を機に「元号にちなんだ駅は?」「元号名のついた駅を結ぶ切符は?」という話題が一部で盛り上がっておりました。

駅自体は突然できたわけではありませんが、「平成の終わりにちなんで平成駅へ」といった楽しみ方です。

令和への改元が済んだところで、新しい仲間が増える動きもありますので、改めて明治以降の元号のついた駅をおさらいしてみました(その前の慶応はありません)

1.明治(明治神宮前駅)…東京メトロ千代田線、副都心線

Stn_meiji

単なる「明治」駅はありませんが、JR山手線原宿駅に隣接した東京メトロ明治神宮前駅があります。

明治神宮にはそのものズバリ明治天皇が祀られています。

Stn_meiji2

今でこそ括弧つきで「原宿」の名前もついていますが、なぜ千代田線建設時に接続する原宿駅に合わせなかったのかな?と考えたりします。

このあたり、千代田線が表参道の地下を通ることから、「表参道」「神宮前」の並びにしたかったのかな?などと…

2.大正駅…JR大阪環状線、Osaka Metro長堀鶴見緑地線

Stn_taisho

グーグルマップの航空写真から。

JR大正駅は右下の白い屋根のところ。大阪ドーム(京セラドーム大阪)の最寄り駅の一つとなっています。

大阪市大正区にあるから大正駅、なのですが、では大正区の由来は?

Stn_taisho2

上の写真の矢印のところにかかる、大正4年に完成した「大正橋」(初代)が昭和7年にできた「大正区」の名前の由来だそう。

当時は地続きでなかった現大正区に初めて橋が架かり、市電も通って(wikipediaにある当時の写真にも電車が写っています)市街地へのアクセスが向上したとのこと。

Stn_taisho3

現在の大正区にはほかにも橋が架かっていますが、大正橋ができた当時は非常に貴重な存在だったのでしょうね。

大正駅も大正区内では唯一の鉄道駅ですが、区の端にあります。

3.昭和駅…JR鶴見線

Stn_showa2

横浜市~川崎市の臨海工業地帯を走る鶴見線に昭和駅があります。

周辺に昭和のつく地名や、昭和天皇にゆかりの施設などはありません。

Stn_showa

正解は、隣接する昭和電工の社名にちなんでということのよう。

正確には、昭和電工のルーツの一つである昭和肥料に由来。昭和3年設立ですから、新しい元号を社名に付けた可能性は十分にあります。

Wikipediaの鶴見線の項には、開業当時埋め立て地である沿線に地名がなかったことから、開業にかかわった実業家や土地所有者の名前をとった駅が多いとあります。

「新芝浦」「海芝浦」は分かりやすいですね。

4.平成駅…JR豊肥本線

Stn_heisei

平成4年に開業した新駅なので「平成」でも間違いではないのですが、安易ともいえるネーミングを後押しした背景があります。

Stn_heisei2

駅の南側に「平成」と名付けられた地区が広がっています。

土地改良事業で平成2年に造成が完了した地区が平成(1丁目から3丁目)と名付けられ、南北に縦断する道路は「平成大通り」。

この地名をとって「平成駅」ということのようです。

5.令和コスタ行橋駅…平成筑豊鉄道田川線、令和元年8月24日開業予定

まだ開業していませんが、新元号を冠する駅の開業が発表されました。

Stn_reiwa2

平成筑豊鉄道のリリースにはこのような完成予想図が。

はい、水戸岡デザインです。

Stn_reiwa

行橋駅と美夜古泉(みやこいずみ)駅の間、ショッピングセンター「コスタ行橋」に隣接するところに作られます。

もともと昨年度の開業予定であったのが、豪雨災害への対応を優先したために今年度にずれ込んだとのこと。

第三セクターとしての開業が平成元年になったことから「平成」を冠した鉄道会社が、令和になって国内で最初に開業する駅に「令和」を冠することには不思議と違和感がないですし、ある種の運命すら感じます(ちょっと言い過ぎ?

« JR城野駅近くの「若富士町」交差点の改良がほぼ完了 | トップページ | 北九州でも連接バス"Kitakyushu BRT"がデビュー »

航空・鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JR城野駅近くの「若富士町」交差点の改良がほぼ完了 | トップページ | 北九州でも連接バス"Kitakyushu BRT"がデビュー »

無料ブログはココログ