« カボチャの人工授粉をしてみた ~今日の庭6/23 | トップページ | JALが導入するA350の訓練飛行が北九州空港に飛来 »

2019年6月26日 (水)

ある日の門司・下関界隈

先日に続き、門司駅・下関駅界隈のお散歩。

Img_1297

小倉から門司への移動は415系1500番台×2の8両編成。

前の記事で折尾で見たのと同じ列車ですな。

車齢からは、鋼製の415系より残りそうではあるのですが、令和の時代を生き抜くのは難しいでしょうね。

Img_1295

門司駅6番のりばは門司港行が主に出るので、下関方面の出発信号は一つですが、進路表示機がついているので単線並列対応(右奥の出発信号は3つあります)

Img_1316

57レが到着する時刻を狙ってみました。

Img_1317

北九州(タ)へ進入する貨物は、門司駅構内で1線だけ直流電化の線路を通り、門司駅(ホーム)を過ぎたところのデッドセクションに進入します。

編成が長い貨物列車が、門司駅手前のデッドセクションで停まることがあったら再起動が困難になる故の工夫。

Img_1321

ちょうどデッドセクションを通過中のところを1枚。

いずれもドンピシャな感じじゃないのでまた撮りに行こう…

Img_1348

下関に移動。

複雑な配線を眺めていると、山陽線の到着列車に表示される入換信号。

Img_1349

4番のりばから車両基地へ。

Img_1354_20190626192201

このホームで待っていたのは、下関貨物駅への入線を見たかったから。

Img_1359_20190626192201

83レがやってきました。

Img_1364

貨物駅へ進んでいきます。

後部標識がないのが気になりますが…短距離なので特例?

Img_1367

築堤から下った先が貨物駅。

あとは、望遠持っていたので長いホームを生かした?撮影を。

Img_1378

折返し待ちの小倉行。

Img_1388

ドアを閉め、安全確認して運転士が乗り込む山陰線。

Img_1393_20190626192201

83レの牽引機の単機回送。

« カボチャの人工授粉をしてみた ~今日の庭6/23 | トップページ | JALが導入するA350の訓練飛行が北九州空港に飛来 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カボチャの人工授粉をしてみた ~今日の庭6/23 | トップページ | JALが導入するA350の訓練飛行が北九州空港に飛来 »

無料ブログはココログ