« 関門トンネルの保守間合い(単線運用)をみた①門司駅の信号編 | トップページ | Googleは地図作成を自動化する壮大な実験をしているのか? »

2019年6月13日 (木)

関門トンネルの保守間合い(単線運用)をみた②単線運用の中下関へ行ってみた

前の記事の続き。

Img_1896

門司港へ行って戻ってきたところ。

3番のりば?にトラックが2台停車中。

Img_1898

タイヤのほかに、レール用の車輪もついた、軌陸車でした。

トンネル内の作業から戻ってきたところか。

そういえば、ブラタモリの関門海峡の回でも、保守間合いを使ってモーターカーでトンネル内の取材に出かけてましたね。

Img_1901

軌陸車の後輪周りを見ると、タイヤの動力をギヤ1枚かまして同方向に車輪が回転するように伝える仕組みのようです。

Img_1902

作業車両がまだ残っているということは、まだ単線運用が続いているな、と期待して5番のりばへ。

Img_1903

期待通り、下り線のレピータが点いたので最後尾に乗車。
(LEDの点滅の都合か、点灯していないように写ったのが残念)

Img_1905

5番のりばから下関に向け出発。

Img_1907
Img_1909

トンネル入り口にあるシーサスで、下り線に転線。

Img_1910

掘割を下がってトンネルへ。

上下線両方に門司駅の場内信号が設置されていることが分かります(クリックして拡大しないと分かりにくいかも)

門司側の坑口付近は複線トンネルですが、途中で単線トンネルに変わって下関側へ。

Img_1911

下関側(彦島)の坑口を撮りそこなったのが悔やまれますが、こっちは山腹から顔を出すので、海底トンネルっぽくありません。

Img_1912

彦島と本土?の間にかかる、下手するとここが関門海峡に見えてしまう鉄橋を通過。

Img_1915

ここに下関側のシーサスがあって、下り線から上り線へ転線。下関駅に到着します。

機会があれば逆向きの転線を経験してみたいですね。

« 関門トンネルの保守間合い(単線運用)をみた①門司駅の信号編 | トップページ | Googleは地図作成を自動化する壮大な実験をしているのか? »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関門トンネルの保守間合い(単線運用)をみた①門司駅の信号編 | トップページ | Googleは地図作成を自動化する壮大な実験をしているのか? »

無料ブログはココログ