« 東京圏モノレール散歩④多摩モノレール編、とちょっとだけ江ノ電 | トップページ | 来年までに開業する、相鉄・JR直通線と、高輪ゲートウェイ駅の現場を見てきた »

2019年5月 9日 (木)

京急逗子線に三線軌条を訪ねて

令和初日の東京紀行。まずはモノレールを中心にまとめたので、途中を端折ってしまったところがあります。

その一つが京急逗子線。

Img_1533

JR逗子駅から京急新逗子駅に徒歩連絡。羽田空港が行先に出てきます。

Img_1534

駅ビルの改札を入って、線路はすぐそこのはずなのに長い連絡通路を歩いて…という初見では謎の移動ルートを車内から見たところ。

構内は単線で、この先ですぐに複線になるので「駅ビルのそばに単線ホーム作れば解決じゃね?」と思ったのですが、どうも私が入ったのは北口で、最後尾に南口があるよう。歴史的には北口あたりと南口あたりに別の駅があったと知り、一応納得。

Img_1536
Img_1537

次の神武寺駅を過ぎると、左から線路が来て合流。

Img_1538

上の写真だとクリックして原寸表示すると何とかわかるくらいですが、標準軌の京急の線路に狭軌が合流して三線軌条になります。

国内で三線軌条が最も活躍しているのは、青函トンネルを含む区間で、標準軌の新幹線と狭軌の在来線が共存するために(後者はほとんど貨物)長い、複線の三線軌条区間となっています。

Img_1539

次の六浦駅の手前には謎のポイント。

Img_1104

降りて金沢八景側を見ると、逆パターンのポイントがあって、三線軌条の3つ目のレールの位置が入れ替わるようになっています。

Img_1103

ズームした写真。

Img_1103_2

何のためかのポイントか分かりにくいですが、狭軌の車両を入れるときは双方のトングレールが外側のレールにくっつくようにポイントを切り替える必要があります。そうすると、手前では標準軌の右に沿って走るのが、奥では左に沿って走るように中心がずれることになります。

六浦駅のところだけ、狭軌車両を内側(画面右側)にずらすようなポイントを入れるということは、外側に寄って走ると六浦駅のホームに支障する可能性があるのでしょうね。

追記:以前はこのポイントはなく、三線軌条のある側のホームを下げて対応していたが、平時の乗降に際して車両とホームの隙間が大きいことが問題になったよう。そのため現在のように駅前後に偏移用の用のポイントを入れ対応したとのこと。

Img_1544

逗子線が京急本線に合流する金沢八景のホームから。

三線軌条はここで左に分岐し、総合車両製作所(J-TREC、旧東急車両製造)へつながっています。

ここで製造された車両をJR逗子駅経由で送り出すため、逆に他社で製造された京急向け車両を受け取るために、この三線軌条(狭軌部分)は使われているそう。

Wikipediaによると、総合車両製作所とJR逗子駅の間の輸送は深夜に線路閉鎖の手続きをして行われるようなので、昼間に珍客とすれ違う、というようなものではなさそう。六浦駅の謎のポイントが活用されているのを見るのは、地元民でないと難しそうです。

« 東京圏モノレール散歩④多摩モノレール編、とちょっとだけ江ノ電 | トップページ | 来年までに開業する、相鉄・JR直通線と、高輪ゲートウェイ駅の現場を見てきた »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京圏モノレール散歩④多摩モノレール編、とちょっとだけ江ノ電 | トップページ | 来年までに開業する、相鉄・JR直通線と、高輪ゲートウェイ駅の現場を見てきた »

無料ブログはココログ