« 平成末に残った日田彦山線不通区間の現状を見てきた(後編) | トップページ | 小倉と下関で、昭和から平成を走り続けた列車を見てきた »

2019年5月 2日 (木)

改元祝福ムードにのって、令和元年の国内線始発便(SFJ70便)に搭乗

1日遅れましたが、令和元年おめでとうございます。

英語だとHappy New Era❗でしょうか?

Img_1494

元号が変わった昨日は、予告した通り、早朝のSFJ70便で東京に出発しました。SFJ95便のような日またぎフライトや早朝初の国際線を除けば、令和元年発の国内線では一番早起きです。

Img_1498
Img_1504

令和に関するアナウンスもありましたが、安全ビデオやコーヒーサービスなど、特に以前と変わりのないフライトでした(制度などが変わるわけではないのであたりまえw)

Img_1501

この便にしたのは、新時代の「初日の出」が見られないかと思ったから。

日の出の時刻は北九州空港を離陸した頃のはずですが、残念ながら垂れ込めた雲で日の出は拝めず。

Img_1502

雲の上に出て、徐々に明るくなってきましたが、太陽の姿は見えません。

Img_1510

エンジンに光が当たり始めたので、日は差しているはず…

東へ向かうフライトなので、太陽はほぼ正面か。

Img_1511

羽田に向けて必ず左旋回するので、その時に…と思ったのですが、降下し始めるとすぐに雲に入り、羽田は小雨。

残念ながら「令和の初日の出」を拝むことはかないませんでした。

Img_1513

羽田から移動するのに、京急の発車案内を見ると、

「奉祝 天皇陛下御即位を心よりお喜び申しあげます」の文字

Img_1516

品川で購入したJRの都区内パスには「ようこそ令和」の文字。

過去記事にも載せましたが、5月中に指定席券売機で購入すると、ようこそ令和のメッセージ付きのきっぷが発券されるとのこと。

この後は、昨日の動きに沿って祝賀メッセージを紹介(詳細は次回以降に)

Img_1014

千葉都市モノレール(千葉みなと駅)の改札横に、

「祝 令和元年 天皇陛下御即位おめでとうございます」の看板

Img_1051

湘南モノレールには「令和」ヘッドマークを掲げた編成。

京急は、ホームの列車接近表示でもヘビロテ(六浦駅) 

Img_1545

相鉄(横浜駅)の電光掲示は千葉都市モノレールと同じ文言。

Img_1550

小田急(大和駅)のメッセージはディスプレイの大きさと比べて控えめ…

Img_1573

夜遅く、羽田に戻ってきたときのこと。

ANAの国際線チェックインカウンターには、青空を背景に「祝 令和」の文字。

Img_1586

JALの国内線カウンターの上には大きな横断幕が掲げてありました。

Img_1594

令和初日、ずっと乗り鉄していたので、日中は新天皇のお言葉などに触れる機会もなく…

帰りの機内で、新天皇即位に関するニュースが見られて助かりました。

« 平成末に残った日田彦山線不通区間の現状を見てきた(後編) | トップページ | 小倉と下関で、昭和から平成を走り続けた列車を見てきた »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成末に残った日田彦山線不通区間の現状を見てきた(後編) | トップページ | 小倉と下関で、昭和から平成を走り続けた列車を見てきた »

無料ブログはココログ