« 門司港の海峡ドラマシップ前に練習帆船「日本丸」が寄港中 | トップページ | 船とDENCHAで志賀島・西戸崎へ »

2019年4月14日 (日)

福岡空港国内線ターミナルの新しい「地下鉄アクセスホール」を探訪

国内線ターミナルビル改築の進む福岡空港。

先月末に大きな変化がありましたが、ようやく見に行く機会が作れました。

Img_1387

地下鉄で福岡空港に着き、ホームから上がってくると最初に目に入ったのがこの看板。

新しく供用されたアクセスホール経由となる国内線ターミナルは右へ、バス連絡となる国際線は左へ、と書いてあります。

Img_1389
Img_1391

新しい改札口を抜けるとアクセスホール。

各階に直結のエスカレーターと、真ん中にシースルーのエレベーター。一言で言うと、羽田空港に来たような感覚になる吹き抜けです。

同じフロアにドラッグストアが入っており、近いうちにコンビニもオープンするよう。

Img_1392

目玉は地下2階から地上2階の出発口(保安検査場)に直接行けるこのエスカレーターだと思いますが、奥には地下1階につながるエスカレーターもあります。

Img_1406

地下1階って?と思って上がってみると、従来の地下鉄連絡通路に出ました。

北到着口に出てきた場合はここに来ると思いますし、一部航空会社のカウンターはここを通って行くほうが1階の混雑を避けられそうです。

この写真の奥の階段を降りるのが従来の動線なので、ちょっとショートカット。

Img_1396

次は1階へ向かうエスカレーター。

Img_1393

エスカレーターの側面に書いてある通りですが、南到着口と、航空会社カウンターが始まる間あたりに出ます。

以前訪ねた時に囲いの隙間からチラッと見えていました。

Img_1398

いよいよ、3階分の長いエスカレーターを上がって2階へ。

Img_1401

南出発口(保安検査場)の近くに出るので、空港でのチェックインや荷物の手続きが不要な方は、ここからすぐに搭乗口へ向かえます。

もともと都心に近く、地下鉄駅もあることからアクセスの良さは定評がある福岡空港ですが、ますます素早く飛行機に乗れちゃいますね。

ただ、あまりギリギリはやめて、なるべく余裕のある行動をお願いします。

Img_1404

一つ上がって3階から。アクセスホールだけでなくレストラン街の通路にあった囲いも取れ、広々とした空間になりました。

エスカレーターが増え、新たな店舗の入りそうなスペースもまだこのあたりに用意されているので、ここを起点に賑わいが増しそうです。

Img_1403
Img_6316

今回目立った変化がないのは展望デッキ。

PeachのJA812Pのレドームの色が合ってないのを見つけたのが収穫?

Img_1408

帰りはわざと従来の改札口を使ってみました。

奥に見えるのがアクセスホール側。

Fuk_subway
Fuk_hole

地下鉄駅の構内図と、空港が想定している動線を載せておきます。

« 門司港の海峡ドラマシップ前に練習帆船「日本丸」が寄港中 | トップページ | 船とDENCHAで志賀島・西戸崎へ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 門司港の海峡ドラマシップ前に練習帆船「日本丸」が寄港中 | トップページ | 船とDENCHAで志賀島・西戸崎へ »

無料ブログはココログ