« 今年の春は、新元号、選挙、そして、脱「子供運賃」 | トップページ | 日本時間4月7日にGPS衛星の時計がリセットされるのにご注意を »

2019年4月 2日 (火)

スネの傷続きに、足立の妙見宮を参拝

昨日から今日にかけての新元号発表に伴う騒ぎを見ていると、前回今上天皇即位に伴って改元されたときと異なり、純粋にイベントとして楽しめる状況も悪くないなという感慨を持ちました。

平成が決まったのは昭和天皇崩御に伴う弔い・自粛ムードの中。事務系の必需品を除けば、新元号を使用した商品をすぐに作ろう、というような動きはなかったと思います。

#仕事の上では西暦に統一していただいたほうがありがたいんですが、文化としての元号は嫌いではありません

Img_1329

さて、私事ですが、週末に足立山妙見宮に参拝してまいりました。

1年半前に「大牟田貨物」を撮影中、最近では黒川温泉に宿泊した際に不注意で同じ右脚のスネを怪我してしまい、「足の神様」「健脚の神様」として知られる妙見宮にお詣りするほかないと…

和気清麻呂が道鏡に追われて負傷した際、当地の霊泉につかるとたちどころに傷が癒え(湯川という地名が近くに)、足が立つようになったことから足立(あだち)、足立山と呼ばれるようになったとか。

Img_1332

参道の階段の脇には紅葉(現在は新芽がきれい)、駐車場脇には桜、その向こうには、けむっていてクッキリとはいきませんでしたが小倉の町並みや関門海峡が見渡せ、なかなかの絶景です。

Img_1334

階段を上がったところでは、狛犬ならぬ狛猪が迎えてくれます。

これも、和気清麻呂が猪に救われたという伝説から。

Img_1343
Img_1341

本殿の前には一般的な姿の狛犬がおります。

Img_1335

もともと猪推しのところに今年は猪年。絵馬にも力が入っています。

Img_1336

参拝を済ませた後、境内の牛の脚やら腰やらをさすって健康のお願いを。

Img_1340
Img_1338

奥には「大学稲荷」というのを見つけたので、大学受験を控えた娘のために、こちらにも頭を下げました(帰ってから調べてみると、必ずしも学問の神様というわけではないようですが…

Img_1344

見つけるとついつい撮ってしまう手水の龍。

Img_1345

境内には枝垂桜もありますが、これはまだこれからといったところでした。

さぁ、また脚を大事にしながら仕事や取材?など頑張らねば!

« 今年の春は、新元号、選挙、そして、脱「子供運賃」 | トップページ | 日本時間4月7日にGPS衛星の時計がリセットされるのにご注意を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の春は、新元号、選挙、そして、脱「子供運賃」 | トップページ | 日本時間4月7日にGPS衛星の時計がリセットされるのにご注意を »

無料ブログはココログ