« 久々に九重から阿蘇へ② 阿蘇神社と宮地駅 | トップページ | 折尾駅の新しい筑豊線ホームの運用始まる »

2019年3月22日 (金)

久々に九重から阿蘇へ③ 阿蘇大橋の崩落現場へ

2つ前の記事投稿後、ココログのリニューアルがありました。様々な不具合があり、また新しい編集画面のガイダンスも乏しいので、困惑しながら1つ前の記事を何とか投稿。今度がリニューアル後2つ目です。

改行の処理が変わったようで、全く同じレイアウトにするのは難しいかも…

阿蘇からの帰り道、家族ともども一度目に焼き付けておきたかった場所へ。

Img_0651

熊本地震で発生した、豊肥線、国道57号線とともに阿蘇大橋を巻き込んだ大規模な斜面崩落の現場。

真下の国道57号線は通行止なので、南阿蘇側から。

復旧作業が進んでおり、崩落したままの直後の斜面が露出している状態ではなくなっていますが、崩落の規模の大きさには圧倒されます。

Img_0655

手前側の取り付け道路、道路標識、そして向こう岸の基礎部分が見えることから、ここに橋があったことが分かります。

花が手向けてあったのは、ここで亡くなった若者を思ってでしょうか…

Img_0656
Img_0658

下流側に目をやると、新しい橋が建設中。

阿蘇大橋と国道57号は阿蘇へのアクセスの要衝でしたから、元の位置での復旧に優先して、工事期間と安全性に勝る別ルートでの復旧工事が進んでいます。

Img_0661
Img_0663

阿蘇からの帰りは俵山ルート。

Img_0665

景色を楽しんでいると、所々煙が上がり、時には炎が見えることも。

そう。草原を維持するための山焼きの時期です。

Img_0676_1

俵山交流館「萌の里」あたりまで来ると、山焼きが終わったばかりの斜面が目立ちます。

Img_0668

駐車場に車を停めると、奥に火の手が見えたので、思わず急いで駆け付けました。

Img_0667
Img_0674

ヤギさんのピンチに?消防団の方が駆け付けて消火作業をされていたようです。

Img_0670

事前に防火帯を設定したりされているとは思いますが、予想外の延焼に対応が必要になったりするのでしょうね。

ここでは当たり前の光景なのか、意外と見物客らしい人出は目立ちませんでした。

« 久々に九重から阿蘇へ② 阿蘇神社と宮地駅 | トップページ | 折尾駅の新しい筑豊線ホームの運用始まる »

子どもとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々に九重から阿蘇へ② 阿蘇神社と宮地駅 | トップページ | 折尾駅の新しい筑豊線ホームの運用始まる »

無料ブログはココログ