« 筑豊線折尾駅前後の線路切り替え個所や新しい信号を見る | トップページ | 運用が始まった821系を体験 »

2019年3月27日 (水)

香椎線に導入されたDENCHAでは、さっそく車外監視カメラを活用中

ダイヤ改正後のレポートの続き。

Img_0746

折尾から香椎へ移動してきました。

ダイヤ改正を機にキハ47形などの気動車が追い出され、若松線に次いでBEC819系DENCHAで統一された香椎線を体験するためです。

Img_0750

西戸崎からの列車が到着しました。4両編成。

Img_0751
Img_0753

架線のある香椎へ着いたらパンタグラフを上げて充電する、というのは、折尾の光景を知っていると特別新しいものには見えませんが、初めて見る地元の人はビックリされているかも。

ちなみに、架線の整備が始まった昨年秋の記事はこちら

Img_0760

宇美からの列車もやってきました。こちらは2両編成。

まずはこれに乗ってみます。

Img_0762
Img_0764

香椎線向けのBEC819系300番台の特徴の一つは、車体側面に設置されたカメラ。

2両分の画像が、運転席上のモニタに表示されています。

Img_0767

停車案内を兼ねて、電力の流れを表示する画面は300番台でも健在。

Img_0775

途中駅で見ていると、左側にホームのある駅では、画面の左側に車外カメラの画像が表示されます。

運転士と添乗の方との間で「視野が狭い」「奥行きが分かりにくい」などと、目視やミラーと異なる使い勝手を確認されていました。

Img_0783

気動車に比べると非常に軽快な走りで、宇美に到着。

駅前から福岡空港経由のバスが出ているので、それを利用して移動。

Img_0792

地下鉄や西鉄貝塚線を乗り継いで、和白へ。

このホームのように、「光る停止目標」と「車外モニタが稼働して、必要なくなったミラー」の組み合わせを何ヵ所か見かけました。

Img_0793

香椎行が到着します。

Img_0796

4両編成の先頭車両では、4両分の映像が表示されています。

試運転では2x3の6両編成で走っていたことがあり、車外モニターの画面分割とも一致しますから、現時点では最大6両編成を想定した構成になっているのでしょう。

Img_0807

香椎到着直前、架線が始まるあたり。

以前の気動車では通路部分のガラスは年季が入っており、前面展望は不可能ではないもののアップできるような写真は撮れませんでした。DENCHA導入で、香椎線車窓の新しい魅力が明らかになるかもしれません。

#昨夜の時点では寝落ちしそうになったので下書きにしたつもりが公開してしまっていました。尻切れトンボに感じた方申し訳ありませんでした

« 筑豊線折尾駅前後の線路切り替え個所や新しい信号を見る | トップページ | 運用が始まった821系を体験 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 筑豊線折尾駅前後の線路切り替え個所や新しい信号を見る | トップページ | 運用が始まった821系を体験 »

無料ブログはココログ