« 香椎線に導入されたDENCHAでは、さっそく車外監視カメラを活用中 | トップページ | 今年の春は、新元号、選挙、そして、脱「子供運賃」 »

2019年3月28日 (木)

運用が始まった821系を体験

Img_0763

キハ47形の巣から、DENCHAの巣へと姿を変えた香椎駅。

Img_0818

前の記事で写っている構内通路に「ありがとうアクアライナー」と張り出されているほか、DENCHAは乗降時にドアボタンを押す必要があることを表すイラストが掲示されているなど、香椎駅全体的にはしゃいでいます。

Img_0823

香椎からただ戻るのではもったいないので、とある列車を待ちました。

Img_0824

同じく今回のダイヤ改正で運用に就いた821系が、811系と併結で運行される海老津行き。

Img_0831

確か運転席は液晶表示だよな、と思い覗いてみましたが、「運転士モード」を選ばないと速度計は出ないようです。

右の画面には併結相手の811系の情報も出てますが、情報量は821系側のほうが多いように見えますね(何が違うのかまでは遠目には分かりませんが)

Img_0839

一旦後続の快速に乗り換え、赤間で追いつくということをやってみたり…

Img_0840

海老津に着いて、乗客が降りたところで1枚。

2両目のシートはカラフル。座り心地は同じロングシートの817系3000番台と比較すると非常に良好です。

Img_0847
Img_0845

窓が小さいと言われる821系ですが、背もたれの高さと窓がそろっているせいか、中から見ると意外なほど違和感はありません。

Img_1302

昼間見たら意外とインパクトがないので前半では触れませんでしたが、821系の特徴は独特のライトや、ドア脇の照明。

夜間の運用を西小倉で待ってみました。

Img_1305

やっぱり夜見ないとこの縁取りのインパクトは分かりませんね。

Img_1308

パンタグラフを照らすライトが天井に設置されているのも印象的。

821系は今のところ先行投入の2編成だけですので、照明など試験的なものを「全部載せ」で運用してみて、量産車の仕様を決めるおつもり?

821系も車外モニタ用のカメラが取り付けられていますが、こちらのほうは運転席にモニタもなく運用されている様子なし。現在投入されている区間では車掌も乗っており必要なさそうなので、将来的なワンマン区間での運用を見込んでの準備でしょうか?

Img_6217
Img_6214

オマケは、九州鉄道記念館で公開された821系の運転台。

運転士が見るメーター表示になっていました。

Img_0801

さらにオマケでBEC819系の運転台。駆動系には新しい技術が投入されていますが、速度計や圧力計はアナログメーターです。

« 香椎線に導入されたDENCHAでは、さっそく車外監視カメラを活用中 | トップページ | 今年の春は、新元号、選挙、そして、脱「子供運賃」 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 香椎線に導入されたDENCHAでは、さっそく車外監視カメラを活用中 | トップページ | 今年の春は、新元号、選挙、そして、脱「子供運賃」 »

無料ブログはココログ