« グランドオープン前日の門司港駅に「キヤ検」を見る | トップページ | 久々に九重から阿蘇へ① やまなみハイウェイ~黒川温泉 »

2019年3月14日 (木)

筑豊線ホーム切替直前の折尾駅にて

特に目新しいものはありませんが、3月16日のダイヤ改正・折尾駅筑豊線ホーム切替で、見られなくなるものを中心に備忘録を兼ねて。

天気の良かった先週土曜日の撮影です。

Img_6143

まず、鹿児島線ホームから、若松に向け出発していくDENCHAを。

新筑豊線ホームにつながる仮設通路は線路上を除いて構築済みで、線路をまたぐ部分は近くに置いてあります。15日の終電後にクレーンなどで設置するのでしょう。

筑豊線(若松線)の線路がなくなったあとに、残り1面2線分の高架の工事や、新駅舎の工事が進みます。

Img_6147

北口から出て、基部がわずかに残る旧高架(レンガ製)の名残と、現高架の交差部分を。

Img_6148

若松側を見たところ。

Img_6149

「3月16日からこの踏切はなくなります」と書かれた看板と、折尾に到着するDENCHAを。

国道199号に指定された折尾駅北側の通り、ここの踏切撤去後に拡幅工事が進むと思われます。

Img_6150

既にレンガ製高架であった時代とは大きく姿を変えていますが、ここでの立体交差もいよいよ見納めです。

Img_6154
Img_6156

グルっと回っていく途中、堀川沿いの店舗の庇に、眼光鋭いキジトラ猫

Img_6159

駅南側の踏切から、直方方面に出発するDENCHAを。

若松線につながる線路(左)は使われなくなり、短絡線(右側2線)は今回は移動せず残ります。

Img_6161

合流するポイントは、新しくトンネルのできた5-600m南側に移ります。

ここは最終的には短絡線の線路もなくなるので、線路跡地の整地とか、踏切をどうこうするのはそのあとでしょうね。

Img_6163

最後は西口改札から停車中のDENCHAを。

今回の切替時点では、ここ西口と、線路の向こうの東口の間をまたぐ通路を設置して便宜を図る形になります。

次は、2020年度に予定される鹿児島線切替に合わせて新駅舎が稼働予定なので、遅くともその時点で改札は集約されます。工事の進捗によって、先行して西口東口の移設があるのかという点も興味あり。

今回の記事の光景も今日明日を残すのみ…

« グランドオープン前日の門司港駅に「キヤ検」を見る | トップページ | 久々に九重から阿蘇へ① やまなみハイウェイ~黒川温泉 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グランドオープン前日の門司港駅に「キヤ検」を見る | トップページ | 久々に九重から阿蘇へ① やまなみハイウェイ~黒川温泉 »

無料ブログはココログ