« 直方駅で平成筑豊鉄道の「ことこと列車」試運転に遭遇 | トップページ | グランドオープン直前の門司港駅の様子 »

2019年3月 1日 (金)

2月末で閉店の「コレット」は全館「アイム」に階増(かいぞう)中

2月末日の昨日、仕事が定時で終わり、ふと、門司港駅の囲いがどのくらいとれたか見に行きたくなりました。

Img_1096

改札を出て左手のところ(旧三等待合室)にスターバックス開店の告知が貼られていました。グランドオープンの3月10日から。

Img_1099

正面から見ると右側部分がスタバになります。

Img_1098

駅舎右側に残される「大屋根」の一部。

Img_1094

駅舎が閉じられている間、主な通路であったこの部分も再び通れるようになるようです。

Img_1102

昨日は小倉駅前のコレットの最終営業日でした。わざわざ見に行くつもりはなかったのですが、営業終了前から「COLET」の看板の一部が外されているという情報を得て、門司港から小倉に戻ったところでちょいと撮影に。

Img_1103

北側(小倉駅に面した側)が、まだ営業中なのにOとTだけに

ちょいと仕事が早すぎかつ中途半端じゃないすかね?

Img_1109

一方西側のロゴはまだ健在でした。

Img_1108

コレットが閉店する一方?、必ずしも好調ではないKOKURA LOOP(小倉ループバス)は3月以降も試験運行が続けられるとのこと。

一応インバウンド向けですが、いっそ市民にもしっかりアピールしては?

Img_1112

月が替わり3月1日。

仕事終わりに小倉駅前に出てみると、COLETの看板は無くなりI'm(アイム)の文字だけに。

左の再開発ビルも、最近高層部分(マンション)まで姿を現しました。

Img_1116

ペデストリアンデッキに面した入り口にもI'mの文字。

コレット閉店に伴い建物自体が閉鎖されたわけではありません。中をちょっと探検してみます。

Img_1118

昨日までコレットだったエリアは囲いがされてひっそりしていますが、明日からまた営業します、と告知しているショップも。今日は棚卸やシステム移行かな?

エスカレーターは以前と同様に使えます。

Img_1123

コレットが撤退したフロアもI'mを運営してきた会社が引き継ぎ、専門店街としてリニューアルされる計画になっています。

営業を続けている店舗の案内や、フロアが増えることから「階増」(かいぞう)と表現してみたり、努力と苦労がみられます。営業状況については適宜公式サイトをご確認ください。

一日も早く賑わいが戻ることを期待しています。

« 直方駅で平成筑豊鉄道の「ことこと列車」試運転に遭遇 | トップページ | グランドオープン直前の門司港駅の様子 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 直方駅で平成筑豊鉄道の「ことこと列車」試運転に遭遇 | トップページ | グランドオープン直前の門司港駅の様子 »

無料ブログはココログ