« 福岡空港の展望デッキがワイヤーフェンスに改造中 | トップページ | 来月の筑豊線切替に向けて、折尾駅周辺の信号等の準備が進む »

2019年2月20日 (水)

北九州マラソンの日に復原工事完成間近の門司港駅まで行ってきたの巻

2014年2月に第1回が行われ、気が付けば6回目になった北九州マラソン。今年は2月17日に行われました。

Img_1069

ゴール地点に近い「あさの汐風公園」では、屋台などが出店。

Img_1070

訪ねたときは、国道199号線を続々とランナーが門司港方面へ駆け抜けていました。

Img_1071

ふと思い立って、電車に乗り門司港駅へ。

3月10日に復原工事が完了してグランドオープンの予定ですが、駅前広場の工事用の囲いが低いフェンスに変わり、見通しが良くなっていました。

ここは再び噴水広場になるのか?

Img_1073

駅舎前の「大屋根」は駅舎のオリジナルの姿を取り戻すために除去されましたが、向かって右側のここには屋根が残るみたいです。

少し出っ張った感じなのが残念な印象。囲いが取れてみないと全体の雰囲気は分かりませんが…

Img_1077

フェリー乗り場の前の道路がマラソンの折り返し地点になっているので、足を向けてみました。

Img_1081

特定のランナーを応援に来たわけではないので、雰囲気だけ。

Img_1083

いや、ある程度は予想していたんですが、特に門司港から小倉へ向けての電車は多くの乗客ですし詰め。小森江や門司もコースに近いので、乗ってくる人多し。

マラソンランナーの関門通過時刻がネットで参照できるので、皆さんそれを確認して移動しながら応援されていたよう。混雑防止とタイムリーな移動のために、小倉~門司港で臨時便を出されてはどうでしょうか?

Img_6083

話題は変わって、この時期から花が楽しめるクリスマスローズの話。

新築時に外構をしてくれた業者が植えた株が↑のところ。

その後、「種が落ちて周りに芽が出てる」のを紹介したことがありますが、気が付けば大きくなって花をつけるものも出てきました。

Img_6085

一つは、一段下の植え込みの中。去年から花をつけてます。

今年は親にあたる株よりこっちの花に勢いがあります。

Img_6081

もう一つは、親株の右側のしげみの中。

Img_6080

ここで大きくなっているとは知りませんでした。

Img_6078

最後にもう一つ、気づかなかったのが、最初の写真の右端のあたり。ハツユキカズラのツルの間から顔を出してます。

園芸用に改良されたものはあまり増えないと聞きますが、原種に近い物はうちの庭のように実生で増えていきます。花が咲くようになるまで3-4年かかるようですので、葉が小さくて花も咲かない間は気にされずにコッソリ大きくなっていたということですね。

見栄えが気になるところは整理しないとな…

« 福岡空港の展望デッキがワイヤーフェンスに改造中 | トップページ | 来月の筑豊線切替に向けて、折尾駅周辺の信号等の準備が進む »

航空・鉄道」カテゴリの記事

家(DIY・ガーデニング)」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福岡空港の展望デッキがワイヤーフェンスに改造中 | トップページ | 来月の筑豊線切替に向けて、折尾駅周辺の信号等の準備が進む »

無料ブログはココログ