« 折尾駅筑豊本線高架&トンネルウォークに参加の巻 | トップページ | 2月末で閉店の「コレット」は全館「アイム」に階増(かいぞう)中 »

2019年2月26日 (火)

直方駅で平成筑豊鉄道の「ことこと列車」試運転に遭遇

折尾駅でウォーキングに参加後、午後は行橋で予定あり。

行橋まで速いのは「特急ソニック」、安いのは「JRの普通列車で西小倉経由」ですが、ウォーキングがそれほど遅くならなかったので、「直方から平成筑豊鉄道(平筑)回り」に決定。昨年豪雨災害から復旧した後、乗る機会を伺っていたのです。

Img_0512

直方駅で東筑軒に寄った後、平筑のホームに行くと、見慣れぬピカピカの編成が。

Img_0509

ホームには記念撮影する方や社員の方。

後続列車に乗るためにホームに来た私もパンフレットをいただきました。

Img_0511

正体は平筑が始めるレストラン列車「ことこと列車」(COTO COTO TRAIN)

例によって?水戸岡氏のデザイン。

元の車両からの変貌ぶりは毎度すごいのですが、内装やロゴのデザインなどほかのD&S列車と似通った印象も拭えません。わがままな希望を言えばJR九州と差別化してほかの「風」を入れても良かったんじゃないかと…

Img_0513
Img_0514

出発していきました。

「試運転」とのことでしたが、乗客やスタッフも乗っており、車内のテーブルも食事用にしつらえてありました。車両のテストではなく、関係者を招いたり、スタッフの訓練が目的の試運転のようです。

Img_0518

私は後続の行橋行に乗車。

Img_0520
Img_0521

つり革には、車両を製造した新潟トランシスからの応援メッセージ。

ここで、先ほどいただいたパンフレットを見て、ことこと列車が本来の運行スケジュールに沿って出て行ったことに気づいた私。供食など営業面の「試運転」をするなら当然のこと。

Cotocoto

パンフや公式サイトでは横一列にスケジュールが書いてありますが、走行時間確保のためか、田川伊田まで行っていったん直方に戻ってきます。

現在書かれている時刻を並べなおすとこんな行程。

Img_0524

戻ってくるなら金田の先ですれ違うはず、と先頭で待ち構えて1枚。

パンフの時刻通りに運行されているようです。

Img_0525
Img_0528

田川伊田から先の田川線は単線になりますが、歴史的には石炭輸送が目的に建設された路線。交換可能駅の構内は広大です(ここはタブレットキャッチャーのある油須原駅

Img_0530

この沿線で興味深いのは、JRから転換された第三セクターのわりに、信号がJR仕様と異なること。出発信号が低くて近いのが気になります。

歴史をひもとくと、JRから転換されて平筑が誕生した1989年の時点では田川線はタブレット閉塞。少し遅れて1991年に特殊自動閉塞が導入されているので、転換後の身の丈に合わせた信号設備になっているのでしょう。

Img_0534_2

行橋到着。日豊線上りホームの一角が平筑のりば。

Img_0535

平筑の線路は写真右奥から入ってきますが、行橋駅直前で日豊線の上り待避線(4番のりば)と交差。完全に独立はしていません。

Img_0538

上り本線(3番のりば)に、ちょうどソニックが来ました。最後尾がホーム上の乗換改札から平筑側にはみ出して停まってびっくり(はみ出した部分のホームに停止目標あり)

最後尾に旅客ドアがないので7両のソニックはギリギリセーフですが、もっと長い定期列車があれば、平筑側との間に柵を設けるなど別の対応がなされたでしょうね。

« 折尾駅筑豊本線高架&トンネルウォークに参加の巻 | トップページ | 2月末で閉店の「コレット」は全館「アイム」に階増(かいぞう)中 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 折尾駅筑豊本線高架&トンネルウォークに参加の巻 | トップページ | 2月末で閉店の「コレット」は全館「アイム」に階増(かいぞう)中 »

無料ブログはココログ