« 香椎線向けのDENCHA納入が進んでいます | トップページ | 「恵方巻」の夜に「きりたんぽ」で対抗の巻 »

2019年2月 2日 (土)

梅の咲き始めた大宰府天満宮へ

昨年末の「モノレール平和神社」の記事にも書きましたが、我が家には受験生がおります。

太宰府天満宮に参拝して御守をいただかねばと思っていたのですが、ようやく妻と都合が合いました。今回は電車でお出かけ。

Img_0934

JRから西鉄に乗り換えるのに、今回はJR大野城駅から西鉄白木原(しらきばる)駅への徒歩連絡を選択。

白木原は高架(連続立体化)工事の最中。

Img_0935

大野城から予想以上に近いじゃん、と思ったら、ここからは天神方面の電車しか乗れません。

Img_0936
Img_0938

ぐるっと回って、踏切を渡ります。

Img_0939

先ほどの改札とちょうど対角線の位置に、二日市・大牟田方面ののりばがあります。工事の都合とはいえ、ここまで離れていると不便に感じますね。

上下線で駅舎や改札が分かれている駅は他にもありますが、対角に位置するのは珍しい?

Img_0944

西鉄二日市で乗り換えて、大宰府に到着。

天満宮はアジア系の観光客も多く、今日も賑わっています。

Img_0945

節分に向けて、厄除け用の祓門が設置されています。

なぜ瓢箪?と思いましたが、厄除けの御守に使われるなど太宰府天満宮とは縁があるようです。

Img_0950

「飛梅」はチラホラ咲きはじめたところ。

Img_0954

品種による違いなのか、結構花が開いている株と、ほとんど花をつけていない株の差が大きいです。

2月に入ってからの参拝になってしまいましたが、梅が見られてよかった。

Img_0955

「えんむすびの神」と書かれているので見に行くと、「竈門(かまど)神社」とあります。

Kamado

境内にあるのかな?と思って案内の掲示を見ると、結構遠くの神社です。

背後の宝満山が信仰の対象で、大宰府政庁からみて「鬼門」の位置であったとあるので、そういう昔からのつながりが「出張授与所」の背景かもしれません。

Img_0957
Img_0958

無事御守も入手して帰路に就きました。

« 香椎線向けのDENCHA納入が進んでいます | トップページ | 「恵方巻」の夜に「きりたんぽ」で対抗の巻 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 香椎線向けのDENCHA納入が進んでいます | トップページ | 「恵方巻」の夜に「きりたんぽ」で対抗の巻 »

無料ブログはココログ