« 西鉄バスの「スマートバス停」をめぐる | トップページ | 博多駅新幹線ホームは1面だけJR九州風味 »

2019年2月12日 (火)

PanasonicのLED電球保証制度に申し込んでみるの巻

点灯時間の長い主だった電球はLED化済みの我が家。

Img_1010

リビングのシーリングファンの5つの電球は、過去記事を探してみると2014年5月までにはLED化を済ませています。

この電球、実は昨年中ばに相次いで3つ、点滅したり点かなくなったりして交換しました。

Img_1012

そして今、残る2つがどうも怪しい(暗くなってきた)

昨年交換のために新しいLED電球を買った時(色味を合わせたくて同じPanasonicにしました)、「5年保証」の保証書が入っているのにびっくり。「前はそんなのなかったよな」と検索したところ、「LED電球保証制度」があると知りました。

この制度のすごいのは、制度開始の2016年12月以前に購入したものでも対応してくれること。購入日がレシートなどでわかればそこが保証開始日ですが、購入日が分からなくても大丈夫。

Pana_led1

ロット番号で製造年月が分かるので、ここから5年は保証しますとのこと。

Pana_led2

webサイトなら夜間休日でも申し込めますし、宅配業者が交換品を持ってきて、故障品を回収してくれるので、どこかへ出向く必要もありません。

Pana_led3

去年は明らかに点かない状態になって交換したのですが、受付ページを見ると「暗くなった」「ちらつく」のも対象。

Img_1005

これ(右)は暗いよね、去年ホントは保証対象なのに知らなくて申し込めなかったから、今度は早めに申し込んでいいよね

…実はロット番号を見ると保証期間ギリギリなのです

Pana_led4

申し込みのとき、調光機能に関する質問があります。非対応の電球が多いので、確認が必要なのでしょう。

Img_1009

暗くなった電球(左)の型番を入れると、生産終了品なので、として表示された代替品は、昨年購入した電球(右)と同じもの。私の「同等品」の目利きは正しかった

でも保証制度は知らなかった

Pana_led5

ロット違いが混ざるとか、複数個所の電球の交換を依頼する場合は、複数の故障品の入力も可能になっています。最後に住所などを入力して手配完了。

今は交換品の発送待ち。交換が完了したら顛末を報告します。

« 西鉄バスの「スマートバス停」をめぐる | トップページ | 博多駅新幹線ホームは1面だけJR九州風味 »

家(インテリア・設備)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西鉄バスの「スマートバス停」をめぐる | トップページ | 博多駅新幹線ホームは1面だけJR九州風味 »

無料ブログはココログ