« 熊本城の復興見学ルートを一回り | トップページ | 大牟田駅でHD300による入換作業の見物など »

2019年1月 4日 (金)

熊本電鉄で「くまモン電車」に乗車の巻

昨日、熊本城のことを書いたと思ったら夜に熊本県和水(なごみ)町で震度6弱を記録する地震。新幹線が止まりUターンの足に影響が出たようですが、被害は比較的少ないようです。

当地でも緊急地震速報が鳴り、数秒して揺れを感じました。

気を取り直して、昨年末のお出かけを時系列的にはさかのぼって紹介していきます。

Img_0237

熊本城を訪ねる前、上熊本駅から熊本電鉄に乗車してみました。

駅は棒線で非常にシンプルですが、くまモンがラッピングされた車両が駅看板にも描かれており、並々ならぬ意気込みを感じます。

Img_0239

北熊本からの列車が到着。

元東京メトロ銀座線で走っていた車両を改造した01系がやってきました。

Img_0243

ホームに改札や券売機はありませんが、入場用のICカードリーダが設置されています。

くまモンのICカードという地域系のICカードのほか、SUGOCA他全国相互利用交通系ICカード(長い!)も使えますので、旅行者にも安心です。

現金の場合は乗車口で整理券をとって乗車。清算はICカードも現金も下車時の車内料金箱です。乗車時のICカードタッチも車内でいいんじゃないかと思いましたが、北熊本での乗り換えに対応するためでしょうか?(北熊本は下車時の清算も改札口で行うよう)

Img_0246

車内もくまモンだらけ。

上の写真にも写っていますが、自転車を持ち込んでいる方があり「え?」と。

調べてみると、公式に自転車持ち込みサービスをうたっており、日祝以外はラッシュを外した9:00-15:30に制限されるものの、運賃のみで自転車を持ち込んでいいとはなかなか大胆なサービスです。

Img_0248

2駅進んで池田駅でいったん下車。

熊本電鉄で唯一のトンネルの横にホームがあります。

Img_0254

乗っていた電車を見送った後で、まずは駅の撮影。

ひらがなで書かれた駅名標に、ベンチと公衆電話とICカードリーダ。

Img_0253

ICカードリーダは、本来タッチする面をさらに覆うようにプラスチックのカバーがされています。非接触式だからこれでも大丈夫なんですが、ちょいと面喰います。

Img_0261

トンネル越しに、北熊本で折り返してきたくまモン電車を撮影。

これができるので人気の撮影スポットのようですが、この日は私一人…

Img_0267

上熊本~北熊本は途中交換可能な駅がないので、基本30分サイクルで1編成が行ったり来たりというダイヤ。

Img_0270

次の列車に乗って北熊本へ。

Img_0271

北熊本では各方面の接続が図ってあり、藤崎宮前行・御代志行がすぐに来ます。ゆっくり撮影していられず、都営地下鉄三田線を走っていた6000系をとりあえず1枚。

あ、30分待つつもりなら余裕でしたね(お腹も空いてきたので先を急ぐ

Img_0275

終点の藤崎宮前は、棒線ですが乗車ホームと降車ホームが別。

ここで降りると、上通の繁華街や熊本城が徒歩圏。熊本城は市電のほうが近くを走りますが、熊本電鉄に乗ると市電とはまた違うローカル電車が味わえます。

くまモン電車を撮影している外国人旅行者も多かったですね。

« 熊本城の復興見学ルートを一回り | トップページ | 大牟田駅でHD300による入換作業の見物など »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊本城の復興見学ルートを一回り | トップページ | 大牟田駅でHD300による入換作業の見物など »

無料ブログはココログ