« 台風被害を受けた関空連絡橋の現況を見に | トップページ | 試運転の始まったおおさか東線北区間⑤東淀川から »

2019年1月17日 (木)

試運転の始まったおおさか東線北区間④新大阪編

おおさか東線の試運転と絡めた話題をあと少し。

Img_0866

3月からおおさか東線が乗り入れる新大阪駅。長く続いていたホームの移設や改装も終わり、受け入れ準備ができています。

1番のりばは、梅田貨物線経由の「はるか」「くろしお」の京都方面行。

2番のりばは「回送」が並んでいます。おおさか東線の発着に使うとされているので、試運転列車もここで折り返しでしょう。

Img_0865

隣のホームの3番のりばは「はるか」「くろしお」の関空・和歌山方面。

4番のりばは梅田貨物線とは接続しておらず、上り外側線の特急「サンダーバード」など。

当面は新大阪折り返しとなるおおさか東線ですが、2023年の北梅田駅開業後は乗り入れる予定。その時は、誤乗防止を考えれば北梅田行が3番のりば、おおさか東線方面が2番のりばですかね?

Img_5975

「はるか」が1番のりばを出て、上り外側線への渡りを進んでいきます。

Img_5976

「はるか」が進んでいったのが外側線。矢印が梅田貨物線…と書きかけたのですが、信号柱に「おおさか東線」としっかり書かれてますね。

いやいや一つ前の出発信号には「梅」とありますから梅田貨物線には違いない.。おおさか東線との分岐点までの信号関係を開業後に確認しなきゃ、って課題が増えました

Img_5977

新幹線の高架下から出てくるのは、北方貨物線を通る山陽方面からの貨物。

Img_5978

梅田貨物線より北側(西側)を走っていきます。

東海道線が方向別複々線、線路別の貨物線が2組、計8本からなる複雑な区間の始まりです。

Img_5979
Img_5980

最後は、新大阪2番のりばにやってきた、おおさか東線試運転列車。

« 台風被害を受けた関空連絡橋の現況を見に | トップページ | 試運転の始まったおおさか東線北区間⑤東淀川から »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風被害を受けた関空連絡橋の現況を見に | トップページ | 試運転の始まったおおさか東線北区間⑤東淀川から »

無料ブログはココログ