« ハローキティ新幹線に続き、「ハローキティはるか」の運行が決定 | トップページ | 今日の庭1/27 »

2019年1月24日 (木)

夏ダイヤから、FDAの名古屋(小牧)~北九州便は静岡~北九州に振り替えられる形に

ひとつ前の記事で、「ハローキティはるか」が走りはじめることを取り上げましたが、同時期に、一部紙面ではありますが「なにわ筋線」開通後を視野にJR西日本・南海が次世代関空特急の共同開発を検討しているという記事が載りました。

2024年には関空も開港30年を迎えますから、関空とともにデビューした「はるか」「ラピート」も置き換え時期です。2031年に予定されるなにわ筋線開通が次の節目。

車両の構造面では、ラピートは貫通扉がなく地下線を走行できないことから、南海がなにわ筋線に乗り入れるには新型特急の開発が必須。運用面では、新大阪・北梅田(仮称)~関西空港(りんくうタウン)は発着が同一地点になるので、車両やきっぷで協同していただいたほうが旅客にも都合がよさそうです。

こう考えると、「はるか」にラッピングが施されるのは、そろそろ陳腐になってきたという裏返しでもありますね…

Fda_1

タイトルの内容に戻ります。

FDAから夏ダイヤに関するアナウンスがありました。

Fda_2

まずは21日に、静岡~北九州線就航のリリース。

この時点で、ちょっと嫌な予感もしていました。

Fda_3

23日のリリースで、就航記念価格のPRの下に、名古屋(小牧)~北九州線運休のことが小さく載りました。

搭乗率の低迷が伝えられており、残念ながら嫌な予感のとおり「やはり」という展開です。

静岡~北九州線もJALとコードシェアされるようです。

Img_4547
Img_4565

静岡空港(富士山静岡空港; FSZ)へは、福岡から向かったことがあります。

Img_4629
Img_4631

お茶で有名な、牧之原台地に作られた空港です。滑走路の向こうは茶畑。

近くの街で働いていたことがあり、せっかくの機会なのでKKJ-FSZ便を利用して訪れる算段も考えることにしましょう。

Img_4110
Img_0427

FDAは現在夜間に飛来するので、撮影にはちょっと向きません。

今度の時間帯のほうが「マルチカラー」を楽しむにはよさそうです。

…とはいえ、一日一往復だと、需要は限られそうです。皆様この機会に是非北九州空港と静岡空港をご利用ください。

« ハローキティ新幹線に続き、「ハローキティはるか」の運行が決定 | トップページ | 今日の庭1/27 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハローキティ新幹線に続き、「ハローキティはるか」の運行が決定 | トップページ | 今日の庭1/27 »

無料ブログはココログ