« 北九州空港連絡道路の立体交差工事中、ほかトーバーの話題 | トップページ | 若戸大橋ライトアップ開始、と若戸渡船桟橋工事で運休の件 »

2018年12月 8日 (土)

北九州モノレールに今年もクリスマス列車・サンタ列車走る、ほか折尾駅近辺の話題

先月末まで「高田憂希号」として運行されてきた北九州モノレールの原色編成(1103F)。

12月に入り、「クリスマス列車」にリニューアルされました。

Img_5785

走っているのを見かけたので、時間を計算して城野駅でお出迎え。

Img_0689

ドア周りはこんな感じ。所々に「モーノくん」も登場。

Img_0690

つり革周りと、天井照明にもデコレーションあり。

Img_0693

小倉駅に着いて、人が降りた一瞬を狙ってシート周りのデコレーションを。

Img_0694

青色照明で、外から見るとこんな色合いです。

クリスマスデコレーションも、ラッピングのない車両のほうが思い切ってやりやすいと思いますが、ラッピング車両に、スポンサー様提供のクリスマスグッズを飾り付けるというのも見てみたいですね。ワンポイントでもいいので。

Img_0688

まだ公式サイトには載っていませんが、車内には12月24日に恒例の「サンタ列車」が走るという告知がありました。

#12/10付で公式サイトにサンタ列車の告知が出ました

さて、先日、DENCHAことBEC819系の2次車(300番台)の甲種回送がありました。

おそらくは若松線に続き香椎線への導入への準備だと思います。

Img_0685

甲種の時は暗くて確認できませんでしたが、情報によると821系やYC1系と同様に車外確認用のカメラが設置され、画像伝送用か連結器に付属する接点が増えているとのこと(丸のあたり、写真の車両はオリジナル仕様)

現行車両も同様の変更が追加され、100番台に更新されるようです。

先日の記事と比較するために、折尾駅前後の筑豊線の現況を見てきました。

Img_5746
Img_5744

まずは折尾駅から。新ホームは駅設備の工事の最中で、6番のりば・7番のりばになることがわかります。

本城駅を出てから、折尾までを動画で撮影してみました。

Orio5

一線分のスロープが作られ、レールが敷設されているのは前回触れましたが、少し手前(本城寄り)に渡り線を入れるためのポイントが用意されています。

最初の段階ではここに場内信号が設置され、折尾までの間は単線運用ということになりそうです。

続いては東水巻から折尾へ向けて。

Orio1

こちら側は渡り線挿入の工事は終わっています。

Orio3

ここにはチラッとしか映っていませんが、トンネルの中にもレールが敷設されているのを肉眼では確認しました。

Orio4

こちらは現在の折尾駅への分岐部分。ここの役目もあと少し。

« 北九州空港連絡道路の立体交差工事中、ほかトーバーの話題 | トップページ | 若戸大橋ライトアップ開始、と若戸渡船桟橋工事で運休の件 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北九州空港連絡道路の立体交差工事中、ほかトーバーの話題 | トップページ | 若戸大橋ライトアップ開始、と若戸渡船桟橋工事で運休の件 »

無料ブログはココログ