« 小倉の街に循環バス"KOKURA LOOP"本日から運行 | トップページ | KKJにA330チャーター見に行ったら、JA08MCから「金帯」が消えてた »

2018年12月 2日 (日)

若戸大橋・若戸トンネル無料化当日の様子

ひとつ前のKOKURA LOOPとどっちを先に取り上げるか迷いましたが、こっちは恒久的な変更なので後回しに。

今年5月に無料化の方針が報じられてから半年。特に地元の方にとっては待ちに待った日がやってきました。

料金所の状況など、移行期にしか見られないものもありますので、さっそく出かけてきました。

Img_0559

行きは都市高で。戸畑が近づくと、向こうに赤い若戸大橋が見えてきます。

Img_0561

若戸大橋と若戸トンネルへの分岐点。

若戸トンネルへの分岐が唐突でちょっと危ないなと感じるポイントなのですが、30km/h規制になってますね。前はどうだったかな?

このあたりの標識は「有料道路」のままです。

Img_0562

ETCが使える都市高と異なり、必ず停まって支払う必要があった料金所ですが、「料金所」の文字はすかさず消されたようです。

Img_0563

レーンには「通行無料」の文字。

通行帯をずらしながら、料金所の解体が進められることでしょう。

Img_0564

若戸大橋を通って若松に入ります。

Img_0565

サンリブ若松(と公共機関が入っているビル)の駐車場は90分まで無料なので(買い物すれば延長あり)、散策と昼食の間、置かせていただきました。

Img_0566

無料化を挟んで2日間、感謝祭と称してイベントが開かれたようです。

上の写真は若松駅近くの会場。

Img_0567

若松側から橋に差し掛かったところにある、料金表。まだ目隠しもされてない。

Img_0571
Img_0573

「若戸無料化」とのラッピングが施された北九州市営バスが、サンリブの横を通過していきました。

市営バスは、若戸大橋を通る系統(戸畑や小倉方面)をすべて10円値下げし、マイカー利用意外にも恩恵があるようにしています。

Img_0576

帰りは若戸トンネルに回ってみました。

Img_0578

回送表示の市営バスを追いかける形に。

路線バスで、若戸トンネル経由の系統はないよなと思いながら…

Img_0582

若松側から利用した場合も、料金徴収は戸畑側で行われていました。

Img_0583
Img_0584

帰りは一般道へ。

ここで料金を支払って出る場合にはETC非対応だが、都市高に乗り継ぐ場合は戸畑入口のところで都市高の料金とまとめてETC払いが可能という非対称性がありました。

年末までには料金所の姿もなくなるでしょうか?

« 小倉の街に循環バス"KOKURA LOOP"本日から運行 | トップページ | KKJにA330チャーター見に行ったら、JA08MCから「金帯」が消えてた »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小倉の街に循環バス"KOKURA LOOP"本日から運行 | トップページ | KKJにA330チャーター見に行ったら、JA08MCから「金帯」が消えてた »

無料ブログはココログ