« 名古屋界隈で関西線~中央線の貨物輸送を見るの巻 | トップページ | 名古屋ネタの残りに、環状運転する地下鉄名城線のことなど »

2018年11月 3日 (土)

大曽根からゆとりーとライン(ガイドウェイバス)に乗ってみた

名古屋近郊の中央線で貨物の撮影を考えていて、目についたのが大曽根から延びる「ゆとりーとライン

Img_5321

名鉄駅からJRの線路越しにゆとりーとライン大曽根駅を見たところ。モノレールや新交通システムの駅のようです。

Img_0347

駅に上がる階段には「ゆとりーとライン(バス)です」と説明あり。

Img_0348

改札のような柵はありますが、ここできっぷの販売や改札はありません。

Img_0350
Img_0351

のりばに上がってみると、一方は新交通システムのような路面、もう一方はバスの転回場のような広場になっています。

Img_0353

大曽根駅に着いたバスは、転回場で向きを変えてのりばへ入ってきます。

Img_0355

出発すると、高架の路面の上を走っていきます。

仕組みについては公式ページにも書いてありますが、ガイドウェイのある区間を走るときはハンドル操作不要だそう。

「速度制限xxx」「制限解除」「駅進入注意」といった確認を運転士がしている声が聞こえたので、車体こそバスですが、鉄道・軌道に近い運用になっているようです。

料金体系も、ガイドウェイを走る大曽根~小幡緑地は市バスの全線定期の適用外となるなど、一般道を走る区間とは別枠の扱いになっています。

Img_0357
Img_0358

降りたところで案内用の車輪を確認。

高架を降りるときには、これを収納すれば一般のバスとして走れるとのこと。

Img_0360

守山駅から出たところで1枚。

道路の上にあるので、モノレールの駅と似た構造です。

違うのは、料金の収受はほかの路線バスと同様車内で完結するので、駅といっても改札がないこと。「専用軌道にある妙に本格的なつくりのバス停」です。

時間がなく、ガイドウェイ区間を出入りするように乗車できなかったのが残念です。

« 名古屋界隈で関西線~中央線の貨物輸送を見るの巻 | トップページ | 名古屋ネタの残りに、環状運転する地下鉄名城線のことなど »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名古屋界隈で関西線~中央線の貨物輸送を見るの巻 | トップページ | 名古屋ネタの残りに、環状運転する地下鉄名城線のことなど »

無料ブログはココログ