« 大曽根からゆとりーとライン(ガイドウェイバス)に乗ってみた | トップページ | 北九州空港改修でラウンジや搭乗口に変更が »

2018年11月 6日 (火)

名古屋ネタの残りに、環状運転する地下鉄名城線のことなど

前回の投稿から少し空きましたが名古屋ネタの残りです。

今回のお出かけは、本来の目的地・金山・栄・大曽根と移動に便利のいい名城線沿いに宿をとりました。

名城線は地下鉄では唯一とされる環状運転を行っています(東京の都営大江戸線も環状に見えますが、ラケット状というか6の字の運行で、グルグル回り続けることはできません)

Meijo_line

環状運転のおかげか地下鉄の路線図は名城線を中心に描かれていますが、よそ者から見ると名古屋が外れていて妙な感じです

Img_0334

環状運転と言っても他線区と乗り入れがない山手線とは異なり、金山で分岐して名古屋港まで行く名港線がくっついています。大阪環状線とまではいきませんが運用は少し複雑です。

Img_0339

名港線を走る列車は、金山から名城線に乗り入れ大曽根で折り返すのが基本。ラッシュ時には名港線から出て名城線の環状運転に入ったり、その逆も設定されており、一体的な運用になっています。

Img_0342

金山駅南行きホームにて。面白いのは山手線・大阪環状線のような「内回り・外回り」ではなく「右回り・左回り」との表示。地下線で内か外かというイメージがしにくいからか?

ついでに、「左回り」は"Counterclockwize"(反時計回り)であるという英語の勉強もできます

Img_0343

「左回り」電車に乗って、少し遠回りして大曽根を目指してみました。

Img_0344

こちらは大曽根駅ホーム。

昼間は名城線の環状運転と、大曽根~名古屋港が交互に出る感じ。

お隣「ナゴヤドーム前矢田」に併設して車両基地があるので、ナゴヤドームで野球などのイベントがある際には大曽根折り返し列車がナゴヤドームまで行くとか、試合終了に合わせて臨時列車が出るといった柔軟な運用もあるそうです。

このへんを知って乗ると楽しそうな路線ですね。

Img_0323

今回の名古屋遠征は、帰りは最初に書いたようにセントレアからSFJで福岡まで。行きは北九州からFDAで小牧まで飛びました。

…ちょっと乗客少ないですね。1往復になってしまい便利と言い難いからか、乗客がこの程度なので減便されたのか、どっちでしょうか?

Img_0325

機内ではシャトレーゼのお菓子とハラダ製茶のお茶。

Img_0331

小牧はPBBがなく、ターミナルまで歩く間に1枚。今回は赤い初号機。

Img_0333
Img_0330

遅い到着で、機材が戻ってきていたので、1枚では済みませんね

« 大曽根からゆとりーとライン(ガイドウェイバス)に乗ってみた | トップページ | 北九州空港改修でラウンジや搭乗口に変更が »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大曽根からゆとりーとライン(ガイドウェイバス)に乗ってみた | トップページ | 北九州空港改修でラウンジや搭乗口に変更が »

無料ブログはココログ