« 長崎日帰りミッションの巻①高架工事の進む浦上~長崎 | トップページ | 長崎日帰りミッションの巻③トンネルの中の肥前三川信号場など »

2018年11月28日 (水)

長崎日帰りミッションの巻②路面電車資料館を訪ねて

今回の長崎訪問、朝は早かったですが、現地での予定は午前中で終了。帰宅前に少し散策ができました。

Img_0521

浦上駅から路面電車で2駅先の「原爆資料館」電停に隣接して、長崎西洋館なる建物があります。

Img_0529

訪ねてみた理由の一つは、この建物の中を路面電車が貫いていること。

Img_0522

覗き込んでみると、こんな感じ。

長崎電気軌道自らが手掛けたので(運営は子会社)こういう建築ができたのだと思いますが、土地を効率よく利用しようとしてこういう形になったのでしょうか。

Img_0523
Img_0524

もう一つは、長崎西洋館の3階にある長崎路面電車資料館。無料です。

Img_0526

各種パーツの展示や模擬運転台、ジオラマなどがあります。

Img_0525

一角には、今年8月に大規模に行われた停留場名変更の案内も。

平和公園や新地中華街のような観光地の最寄電停が分かりやすくなったのはありがたいです。地元の地名が消えた沿線住民には面白くないかもしれませんが、地図と照らし合わせて降りる停留所を探さなくてもいいのは助かります。

Img_0527

もう一つ観光に助かるのは、地域限定の長崎スマートカードから2020年にnimocaへ移行すること。当然相互利用可能な交通系ICカードも利用可能になります。

ただ、残念なのは、バス各社の足並みがそろわず、独自カードへ移行するところもあること。相互利用の利便か、独自のプレミアか…(それとも企業エゴ?)

Img_0555

オマケで、長崎駅で見つけて思わず買ってしまったのがコレ。

銘菓クルスの「尾曲がり猫缶」なんですが、「路面電車缶」でもあります。

Img_0553

側面には社章も入っており、長崎電気軌道公認と思われますが、ラベルに「許諾済」などの文字はありませんでした。

尾曲がり猫のほか、シスタークルスもこっそり乗車しています。

Img_0556

中身はノーマルな「クルス」。ホワイトチョコに生姜風味というのが特徴的。

Img_0554_crop

この缶の写真を撮っていて、肉眼ではわからないドットで色が調整されているのを発見し、カメラの性能アップに驚くべきか、わが眼の衰えを嘆くべきかと複雑な気持ちになりました…

« 長崎日帰りミッションの巻①高架工事の進む浦上~長崎 | トップページ | 長崎日帰りミッションの巻③トンネルの中の肥前三川信号場など »

航空・鉄道」カテゴリの記事

猫日記」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長崎日帰りミッションの巻①高架工事の進む浦上~長崎 | トップページ | 長崎日帰りミッションの巻③トンネルの中の肥前三川信号場など »

無料ブログはココログ