« 西鉄北九州線跡地に建つ家並みを見に陣原へ | トップページ | スターフライヤー2機目の国際線向け機材、JA26MCデリバリー »

2018年10月28日 (日)

スターフライヤー、台北定期便はセントレアからのスタート

本日10月28日は、世界的に航空ダイヤが冬スケジュールに移行する日。

スターフライヤーが台北便で定期国際便に再チャレンジする日でもあります。

私はちょうど名古屋での予定と重なり、27日も宿泊するか否か考えているところで、28日が就航初日であることに気が付きました。いい機会だとセントレア宿泊を手配

Img_5401_2

27日の夜、セントレアへ着くと、スカイデッキ(展望デッキ)の出入り口のところに名古屋~台北便就航の看板が。

北九州は言うまでもありませんが、名古屋でも宣伝に余念がないようで。

Img_5407
Img_5415

21時ころ、台北線向けに導入されたJA25MCが北九州からセントレアにフェリーされました。

ホテルの部屋から見ていると、国際線側のオープンスポットに。

Img_5434

翌朝、台北行きのSFJ811便は定刻8:15発。

間に合うようにスカイデッキに向かうと、出発口に近いスポットにJA25MCがつけられています。就航記念なのか?当面ここを使う予定なのか?

Img_5436

一足早く、定刻8:00発のSFJ31便は、国内線エリアの一番端。

Img_5496

SFJ31便はJA09MCでした。シャークレット仕様じゃない機材のうち、最後に導入されたもの。

これが福岡まで行って戻ってきたのに乗って帰る計画です。

Img_5544

SFJ811便は、少しだけ遅れて、B787など比較的大型の機材が並ぶ中にプッシュバック。

Img_5554
Img_5557

無事に飛び立っていきました。

午後に台北から北九州にSFJ800便が到着したときは放水で歓迎があったようです。

台北便が長く続いてくれることを期待します。

Img_5453

他にセントレアで見たものその1、タイ航空のA350-900。

A350XWBシリーズ自体間近に見るのは初めてかも。

Img_5580
Img_5570
Img_5532

その2、B787シリーズ三兄弟(JALの-8、ベトナム航空の-9、シンガポール航空の-10)

787-10は初見。並べて比べると、ドア間の長さの違いが分かりやすい。-8はちょっとずんぐりむっくり。-10になると777-200とほとんど変わらないキャパですもんね。でかい。

Img_0422

その3、セントレア名物のドリームリフター。

ちょうど搭乗から出発までの間に着陸したはず。

Img_0424
Img_0425

タキシングの間にしっかり目に焼き付けました。

« 西鉄北九州線跡地に建つ家並みを見に陣原へ | トップページ | スターフライヤー2機目の国際線向け機材、JA26MCデリバリー »

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西鉄北九州線跡地に建つ家並みを見に陣原へ | トップページ | スターフライヤー2機目の国際線向け機材、JA26MCデリバリー »

無料ブログはココログ