« ようやくの山陽本線全面運転再開に、今度こそは迂回貨物も終了 | トップページ | 北九州モノレールに北九州銀行ラッピングが2編成 »

2018年10月14日 (日)

早朝貨物のついでに、廃止危惧の長門本山駅と鴨ノ庄信号場へ

前の記事で迂回貨物を訪ねて早朝の仁保駅へ行った続き。

昼までに帰宅する必要があり、迂回貨物を追いかけるのはやめにするけど、この際だから車でないと行きにくいところをついでに…と考えた結果でございます。

Img_9320

まず思いついたのが小野田線雀田~長門本山の通称本山支線。旧型電車が最後まで走っていたことでも知られますが、年々運転される本数が減り、いつ廃線になってもおかしくない雰囲気です。

時刻を調べると、現在は1日3往復。2本目の、長門本山で7時半ころに折り返す列車に間に合いそう。

Img_9314

駅前に数台停められるくらいの広場がありますが、ホームの端で架線も途切れており、きわめてシンプルな終端駅です。

Img_9323

雀田からの列車がやってきました。このカーブと、向かって左側のスペースを見ると、昔は2線あったのかなぁ?などと思いますね。

Img_9329

123系の単行です。荷物電車を改造された形式なので、ドアや窓の配置が何ともアンバランスなのが特徴です。

Img_9332

それぞれ数名の乗降があり、折り返していきました。平日だと通学利用があるのでしょうね。

Img_9338

続いて、美祢線厚狭~湯ノ峠間にある鴨ノ庄信号場(踏切には鴨ノ庄駅とありますが…)へ移動。

石灰石や石炭輸送の貨物列車が多く設定されていたころ、輸送力確保のために設置された信号場。貨物輸送が無くなり、旅客列車も減った今、ここで交換するスジは設定されていません。このまま信号場としての実績?がない状態が続けば、廃止されかねない信号場です。

Img_9343

信号場と聞くと人里離れた山中などにあるイメージですが、ここは開けたところにあり、車で乗り付けるのも容易というちょっと不思議な場所です。

周りにもそれなりに家があり、隣の湯ノ峠駅と比べるとこっちが駅に昇格していないのが不思議なくらいです。

踏切のそばに、乗越しポイントを使った安全側線があるのを鑑賞。

Img_9350
Img_9352

長門市駅行の列車が通過。

Img_9355

次の列車を待つ間、近くで鳥の声がにぎやかだなと思うと、電柱のてっぺんからにらまれている感じ。

Img_9360

あぁ、「モズの高鳴き」ですね。この時期縄張り確保のために賑やかになるやつ。

もしかして「線路に入るな」とか警戒する役目を仰せつかっていらっしゃったりする?

Img_9364
Img_9368

続いて厚狭行が通過。一線スルーにはなっておらず、律儀に?上下線とも左側の線路を通過していきます。

交換が復活したとか、動きがあればまた来てみましょう。

« ようやくの山陽本線全面運転再開に、今度こそは迂回貨物も終了 | トップページ | 北九州モノレールに北九州銀行ラッピングが2編成 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやくの山陽本線全面運転再開に、今度こそは迂回貨物も終了 | トップページ | 北九州モノレールに北九州銀行ラッピングが2編成 »

無料ブログはココログ