« 山陽貨物運転再開で物流正常化の足音、他 | トップページ | 西鉄北九州線跡地に建つ家並みを見に陣原へ »

2018年10月22日 (月)

香椎駅香椎線ホームに架線の工事が進む

前の記事の続き。今回の一つの目的地は香椎駅。

鹿児島線と香椎線の接続駅ですが、交流電化の鹿児島線に対して香椎線は非電化。構内も鹿児島線が使う部分のみ電化されています。

最近香椎線部分の電化工事が進んでいると聞いて、香椎線の運用の今後が気になったので見に行きました。過去には、若松線で使用されているBEC819系の入線試験が行われたこともあり、折尾~若松と距離も近い香椎~西戸崎・香椎~宇美をそれぞれBEC819系(DENCHA)で賄う方針で準備中の可能性があります。

Img_9465
Img_9444

現在、乗降に使われない5番のりばの奥の線路にのみ架線が張られています。しかも駅構内だけ。

Img_9437
Img_9440

架線はまだありませんが、4番のりば・5番のりばや中線の上にも架線を吊る金具が準備されています。

Img_9462
Img_9464

電化された篠栗線と比べると、キハ47形の鈍足っぷりが目立つ香椎線(写真は長者原駅)

DENCHAを導入するには最適の路線の一つと思いますが、スピードアップはどうだろう…交換できる駅が限られるから効果は限定的かな?

Img_9447

JRの香椎駅前は、再開発の一環で駅前広場を整備中。

Img_9449

高架になった西鉄と合わせ、街の顔が大きく変わることになりそうです。

Img_9454

西鉄の駅ホームに上がってみると、ちょうどやってきたのが相島の猫をモチーフにした「にゃん電」

Img_9457

車内は相島をPRするポスターだらけ。

Img_9458

車内の内壁にも何ヵ所か猫の姿が。

Img_9459
Img_9460

千早駅で降りて、側面の撮影を。

柄の違うこの5匹がデザインされているようですね。

« 山陽貨物運転再開で物流正常化の足音、他 | トップページ | 西鉄北九州線跡地に建つ家並みを見に陣原へ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

今朝見たら昨日までなかった5番のりばにも架線が張られてました。
来年の春のダイヤ改正あたりから置き換え開始ですかね?
BEC819系になることで乗り心地がよくなり、ドア数も増えるのでラッシュ時の乗り降りがスムーズになると思うのでいいんですが、ちと寂しい気もします。

コメントありがとうございます
若松線線がDENCHAに移行したときのスケジュールを考えると、来春のダイヤ改正から全面的にというのは厳しいと思いますが、車両の運用実績はあるので、新製から投入までのペースは早そうですね

このまま鹿児島線の電車と合体して博多まで行けば乗り換えなしで行けるよ。宇美、西戸崎の直通電車が実現する。昔、朝の時間帯に西戸崎から博多行き直通気動車があった。中には急行「さんべ号」の間合い運用があり山陰急行が使われていた。グリーン車も普通車扱いで豪華な通勤通学が出来た(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山陽貨物運転再開で物流正常化の足音、他 | トップページ | 西鉄北九州線跡地に建つ家並みを見に陣原へ »

無料ブログはココログ