« 日田彦山線呼野駅がお色直し | トップページ | 北九州空港に、RACのDHC8-Q400CCが台風を避け飛来 »

2018年9月29日 (土)

山陰迂回貨物は昨日で運行終了、明日山陽本線全線復旧

西日本豪雨で運転見合わせ区間の残る山陽地区のJR。

呉線など今しばらく運転再開に時間がかかる区間もありますが、明日30日に山陽本線が全線運転再開となり、貨物列車も本来の運用に戻ります(一部徐行区間で遅延が予測されることから、区間運休などの変更有)

先日から取り上げていた山陰回りの迂回貨物も、昨日が最後の運転日となりました。

Img_5246

20時前の新山口駅。2番のりばには「貨物」の表示。

Img_5251

残念ながら英語表示では'Out of Service'と回送列車並み。

Img_5257

入ってきました。

Img_5259

ここで運転士が交代になります。

Img_5260

前回山陰まで出かけたときに撮り忘れた、迂回貨物と記載のある運用票を忘れずにチェック。

大神山神社」のお札が貼ってあります。DD51の所属する愛知機関区に縁があるところかと思って調べたら、大山にある神社でした(大山が『おおかみのたけ』と呼ばれていたことに由来するそう)。

今回の一連の運行にかける意気込みがこんなところにも

Img_5263

残念ながら機関車は柵の向こう。

Img_5266

若干フェンスの影響を受けていますが、駅の外に回って1枚。

ここまで単線区間で退避や交換を繰り返しながらの道中だったのが、山陽本線に入り、幡生まで最後の快走になります(スタフをチラッと見せてもらいましたがノンストップでした)

Img_5269

私は迂回貨物が新山口を出て8分後に出る「こだま」に乗車。

10分で厚狭に着くので先回りできちゃいました

いい時間に「こだま」があって良かった…

前に幡生と下関で見送ったので、最後の最後は門司で見送ろうかと考えていたのですが、2つのホームに挟まれて比較的明るいところを通過する厚狭駅を選んだ次第。

どうせならDD51が牽引する姿を多く見たかったですし。

Img_5271

1番のりばでは美祢線の車両がカーテンを降ろして停泊?(もう1本あるはずなのでこの後運転士が来るのか?)

Img_5273

改札の横では、ハローキティ新幹線のPR動画が流れていました。

今回の迂回貨物。同区間の輸送量の1%ほど、1日1往復、期間にして1か月という当初の想定より規模の小さなものになりました。

災害がないのが一番とはいえ、起こった場合の代替ルートの確保という意味で、貴重な機会だったと思います。貨物の迂回運行への協力のほか、山陽線の復旧を予定より早めたJR西日本の尽力にも感謝しまければなりません。

コストとの兼ね合いになってしまうのですが、貴重なインフラとして、貨物輸送が可能な状態で全国の鉄路を維持してもらえたらと、趣味半分で希望します。

« 日田彦山線呼野駅がお色直し | トップページ | 北九州空港に、RACのDHC8-Q400CCが台風を避け飛来 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日田彦山線呼野駅がお色直し | トップページ | 北九州空港に、RACのDHC8-Q400CCが台風を避け飛来 »

無料ブログはココログ