« 山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って③ | トップページ | ミクスタのラグビーゴール解体を見た »

2018年9月20日 (木)

関空~北九州~那覇の貨物便は成田発で運用中

台風被害から復旧作業中の関空。18日から空港連絡橋の鉄道運行が再開し、明日21日からは旅客便が通常運用に戻るようです。

しかし、旅客ターミナルの運用再開が最優先され、貨物施設や展望ホールの運用再開にはまだ時間がかかりそうです(後述)

連絡橋は道路橋の大きくずれた橋桁が除去され、鉄道橋は補修で済んだために比較的早期に復旧が可能でした。

早速電車からの景色をアップしている方も。

Kanku1
Kanku2

一方の道路橋は、NEXCO西日本のサイトに状況が載っていましたが、橋桁は一部部材を再利用しながらも作り直すほかないよう。来年のゴールデンウィークまでの復旧が目標と発表されました。こちらはかなり時間がかかることに。

当面、マイカーの乗り入れはできない状態が続きますので、鉄道やリムジンバスの運行状況を確認しての関空入りをお願いします。

Kanku3

関空にはターミナルと別棟の展望ホール(スカイビュー)がありますが、こちらの復旧作業は後回しになり、24日に予定していた空の日イベントも中止と。致し方ない。

24時間運用可能なことが強みになる貨物便も、運用再開に時間がかかっているようです。ANA cargoのサイトを見ると22日から一部再開とありますが、温度管理を要する荷物が受け入れられないなどまだ状況は厳しいです。

Img_8206

数日前まで存在を忘れていたのですが、関西→北九州→那覇と飛ぶ貨物便がありました。台風被害の影響を受けているはず。

Nh8565

関西→北九州のANA8565便は、台風来襲の4日以降運航なし。

Nh8566

ところが?北九州→那覇のANA8566便は台風の当夜(日付が変わってからの出発なので5日)は欠航したものの6日からいつも通り飛んでいます。

Nh9375
Nh9375a

flightradar24で履歴を見ると、台風の翌日5日からすぐに成田→北九州の便が設定されています。

Nh8563a

当初9000番台の臨時便っぽい便名でしたが、その後はANA8563便とほかの貨物便と同様の便名があてがわれています。しばらく本腰を入れて代替便を飛ばす必要があるとの覚悟の表れか…

空港施設や連絡橋の復旧にあたる方々、飛行機やバスなどの臨時運用に携わる方々に敬意を表したいと思います。

« 山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って③ | トップページ | ミクスタのラグビーゴール解体を見た »

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って③ | トップページ | ミクスタのラグビーゴール解体を見た »

無料ブログはココログ