« 山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って② | トップページ | 関空~北九州~那覇の貨物便は成田発で運用中 »

2018年9月18日 (火)

山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って③

波子(はし)駅から西へ向かい、次に着いたのは下府(しもこう)駅。

国道沿いなのでアプローチは容易ですが、読み方でナビへセットするのは波子駅と同様下調べしないと難しいです

Img_9050

名鉄に「国府」と書いて「こう」と読ませる駅もありますから、読み方を聞けば納得ですが、初見では出てこないですね。

下府駅付近を走ると「国府」とついた屋号も目につき、石見国府が置かれていたことに由来する駅名と分かります(対になる上府という地名もあり)

Img_9051

相対式の2面2線。このあたり線路が南北に走っているので、午後に通過する下り貨物が順光で撮れるなと。

Img_8998
Img_8999

午前中、江津に向かう途中で立ち寄った時は、「スーパーまつかぜ」と「アクアライナー」が交換。

どっちも運転停車、というのが乗客目線では少し残念。

Img_9044
Img_9047

午後は無事に晴れ、10名くらいで下り迂回貨物を見送りました。

Img_9052
Img_9053

下府駅、江津方面ホームは駅舎正面の階段を上がったところにあり、浜田方面ホームは下の写真右奥にある地下通路が連絡しています。

バリアフリー設備がないって問題もありますが、地下通路への案内表示がなかった(気づかなかっただけ?)のも気になった点。

Img_9060

下府駅のあと、浜田駅に行ってみると、ホームにおさまるように停まっていました。

入場券を購入し、DD51を近くから観察。

Img_9055

「迂回貨物はタンクが目立つ」という指摘がありますが、この列車には20ftタンクコンテナが3つ。

中身はポリウレタン原料のコスモネート、言わずとしれた濃硫酸、重合開始材のパーブチル。こういうものの拠点間の輸送には鉄道のほうが向いているのでしょう。

Img_9059

浜田駅に行ってみて興味深かったのが、駅北側の病院(浜田医療センター)の存在。

Img_9071

病院と駅がデッキで繋がっているのは素晴らしいことですが、病院の更に北側に、キハ120形が停まる車両基地(浜田鉄道部)があるのが不自然です。

Hamada_stn

航空写真を見ると、駅、病院、車両基地という配置がよくわかります。本線と繋がる線路が病院の東側を通るので、病院は線路に囲まれた袋小路に建つ感じ。

あとで調べるとやはり。貨物駅の廃止後に病院が建ったもの。

車両基地を移転するコストをかけたくないJR西日本と、車でのアクセスが若干遠回りになるが駅直結にしやすいという点で病院側と思惑が一致したのか?

「夕食は鍋だからね」という妻の顔を思い出し、迂回貨物の追っかけはここで終わりにして家路につくのでした。

« 山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って② | トップページ | 関空~北九州~那覇の貨物便は成田発で運用中 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って② | トップページ | 関空~北九州~那覇の貨物便は成田発で運用中 »

無料ブログはココログ