« 山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って① | トップページ | 山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って③ »

2018年9月17日 (月)

山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って②

「ゆうひパーク三隅」で撮影後、どこへ行くか。

迂回貨物は上りも下りも浜田駅で長時間停まるので、浜田に見に行くか、その先に行くか…

Img_9003

浜田を越えて江津に到着。有人駅なので入場券を購入します。

「乗ってなんぼ」と思ってるものからすると沿線とか無人駅でタダで撮らせてもらうだけというのはどうも気が引けて

Img_9004
Img_9004_1

構内には今年3月で廃止された三江線の写真が掲示されているのですが、そこには「みんなで 利用しよう 三江線」の文字…

いや、写真はいいものが多いんですが、廃止後の期間だけでなく、その前に廃線が決まってからの期間も加えると相当経ってますよね…

Img_9008

3番のりばから三江線が分かれた先は柵で閉鎖。

右上の出発信号は横を向いています。

Img_9005

ホーム上のレピータも、一つ隠されています。三江線側の出発信号に対応したものだったと思われます。

Img_9011
Img_9012

駅員さんがホームに出てきて、ほどなく入線。

(廃止された)中線分の余裕があり、撮りやすくて良かった。

Img_9017

「アクアライナー」と交換します。

Img_9026

迂回貨物を見送ったあと、ふと思いついて、三江線で江津の次にあたる江津本町駅へ。ナビの地図にはまだ三江線が残っているので、それを頼りに江の川沿いの廃線跡に出ました。

Img_9025

ホームへの通路やトンネルが塞いであるのが印象的ですが、それよりも何よりも、周辺に全く民家がない。

調べてみると、廃止前の10年くらい、1日当たりの平均乗車人員がずーっと0人を記録していました。さもありなん。

Img_9029

この先、西へ戻りながらの立ち寄りを考えました。

立ち寄りとは直接関係ないんですが、江津までの道すがら目に入った駅名が意外と難読(聞けばわかるけど、初見だと間違える)。普段縁のないところはJR駅でも厳しいですね

試しに、江津から浜田の間の駅を並べてみます。

都野津(つのづ)
敬川(うやがわ)
波子(はし)
久代(くしろ)
下府(しもこう)

で、カーナビに「なみこ」と入力しても出てこないで往生した波子駅に到着。

Img_9031

交換可能で、特急停車駅。

しまね海洋館アクアスの開業に合わせて改装されたようで、隣接というほど近くはありませんが、最寄り駅の扱い。

Img_9033
Img_9034

ホームにもアクアスの案内が…

Img_9036

キハ120形がやってきました。観光客風の下車が数名。

ホームへの通路がホームより一段低いのは良いですが、待合室を入れると、後追いでの撮影になってしまいますね。

« 山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って① | トップページ | 山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って③ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って① | トップページ | 山口線・山陰線に迂回貨物の影を追って③ »

無料ブログはココログ