« 久大線復旧区間と日田彦山線不通区間を訪ねて② | トップページ | 久大線復旧区間と日田彦山線不通区間を訪ねて④ »

2018年9月 4日 (火)

久大線復旧区間と日田彦山線不通区間を訪ねて③

台風21号が関西を直撃。現在は北陸に抜けているところか。

強い風による倒壊事案のほか、ちょうど大阪湾に吹き込む方向で強い風が吹いたためか、高潮の被害も。

Typhoon

仕事の合間、15時前に見た空港の気象通報(METAR)。上の伊丹空港も一番気圧が下がり風が強いころですが、気がかりなのはその下の関西空港。

風速80ノット(約40m/s)、ガスト(突風)は99ノットの表示ですがおそらく3ケタは非対応で、100ノット以上の意味と思われます(どうせ離着陸できませんし)。速報では瞬間最大風速58.1m/sと出ていましたから100ノットを越えています。

この通報が13:30のもので、そのあと気象状況が通報されなくなっています。滑走路が閉鎖されて管制塔などの職員も待避しているようなので致し方ないか…

関空関連は以下の被害が報じられており、空港・アクセスルートともに復旧にはそれなりの時間がかかりそうです。

  • 高潮で浸水
  • 観測機器や誘導機器に損傷
  • 連絡橋に風で流された船が衝突
  • (対岸の)JR日根野の車両基地に被害

話を日田彦山線の探訪記に戻します。

Img_5134

今山駅の次は大鶴駅。

Img_5136
Img_5135

駅舎やホームに目立った被害はなさそう。

Img_5140

続いて宝珠山駅。駅舎や駅前広場は無事なのですが…

Img_5138

駅近くの国道の路肩が大変なことになっています。

本来のガードレールは落ちてしまい、回収もされず手つかず。

Img_5139

駅へ通じる橋が無事なのが不思議なくらいです。

Img_5142

ホームにお邪魔してみます(注意書きを無視してスミマセン

Img_5143

向かって左側に、ホームを横切るように福岡・大分県境があり、県境の駅として知られています。

大分県側を見やると、草むしており、既に線路と分かりにくい

Img_5148

福岡県側は線路が一部剥がされており、枕木や保安設備が脇に片づけられています。

その先に土嚢が見えるので近づいてみると…

Img_5147

線路が流失したあとを片付けたのか、橋だけが残されていました。

Img_5155

この記事の最後は大行司駅。土砂崩れで駅舎が倒壊したところです。

訪ねてみると法面の工事中。これは、JR線が復旧しようがしまいが集落を守るために必要な工事なので早速取り掛かっているのでしょう。

左側の階段からホームに上がれます。

Img_5150

先ほどの工事現場の上部にあたる崩落部分が見えます。路盤は思ったより残ってます。

Img_5151

あ、そうか。大行司に取り残された車両を宝珠山近くまで移動させて救出したわけだから、ここは手を入れたんだろうな。

集落より高い位置にあるこの駅、趣味的には興味深いですが、残念ながらバリアフリーには程遠いです。鉄路の復旧にこだわりすぎないほうがいいかもしれないと思うのは、バスのほうが高齢者など利用しやすいのではないかと思うから。難しいところです。

« 久大線復旧区間と日田彦山線不通区間を訪ねて② | トップページ | 久大線復旧区間と日田彦山線不通区間を訪ねて④ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久大線復旧区間と日田彦山線不通区間を訪ねて② | トップページ | 久大線復旧区間と日田彦山線不通区間を訪ねて④ »

無料ブログはココログ