« ミクスタのラグビーゴール解体を見た | トップページ | 山陰迂回貨物は昨日で運行終了、明日山陽本線全線復旧 »

2018年9月24日 (月)

日田彦山線呼野駅がお色直し

日田彦山線、北九州市内最南端の呼野駅。

かつてはスイッチバックを行っていたことなど、以前の記事でも触れました。

Img_0244

隣の石原町の駅舎に、かつての呼野駅の写真が掲示されています。

Img_0226

駅舎は撤去されていますが、かつてのホームと駅名票の名残はまだあります。

Img_0227

さて、今回の訪問は駅に変化があったとの情報から。

アプローチ部分は、荒れたアスファルトのままで変化なし

Img_0228

電話ボックスもそのまま。

Img_0229

旧ホームからいったん降りて、もう一度階段を上がっていくスタイルは一緒ですが、現ホーム側の手すりが黄色い…

Img_0230

待合室も黄色く塗られ、「呼野駅 STATION」との文字が踊っています。

以前の写真と比べると、待合室にかかるように生えていた木が切られ、より待合室が目立つようになりました。

ホームに上がってみましたが、どのような経緯で黄色に塗られたのかは書いてありませんでした。JRが自ら行ったというよりは、地元の方の作業でしょうか?

Img_0235

小倉行が発車していきます。

Img_0237

小倉側、ポイントのところのバラストが新しくなり、本線が直線的になっています。速度制限が微妙にありますが…

また、信号が撤去されています。

Img_0618

2年前の写真ではこのとおり。

交換できる配線ではないものの、場内・出発信号が残されていたのは、写真右側に分岐する保線用の引込線があるためと思われます。スイッチバック時代の設備を流用していたからともいえます。

Img_0238

ちょいと近づいて現状を確認してみると、乗越分岐器、いや横取装置のほうが適切か、に変更されていました。

ここを変更することで、信号設備を簡略化したのでしょう。

Img_0242

ツイッターなどの情報を見ると、ポイントの工事は今年2月頃に行われたよう。待合室のほうは、8月半ばに以前の状態の写真が上がっているので、ここ1ヶ月ほどの間のことですね。

« ミクスタのラグビーゴール解体を見た | トップページ | 山陰迂回貨物は昨日で運行終了、明日山陽本線全線復旧 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミクスタのラグビーゴール解体を見た | トップページ | 山陰迂回貨物は昨日で運行終了、明日山陽本線全線復旧 »

無料ブログはココログ