« 久大線復旧区間と日田彦山線不通区間を訪ねて③ | トップページ | 関西空港への鉄道アクセスは4週程度での復旧を目指すとのこと »

2018年9月 6日 (木)

久大線復旧区間と日田彦山線不通区間を訪ねて④

台風21号の高潮で関西空港が水没する被害があった矢先に、今度は北海道で震度7を記録する大地震。

千歳空港が停電とターミナルビルの被害で今日1日全面運休。JR北海道も全面的に運休で再開めど立たず。

国内の基幹空港、しかも24時間発着可能な空港が2つも同時に閉鎖されるとは、国内のみならず海外に与える影響(ネガティブな印象を含む)も大きそうです。

Atsuma2

今日の地震で震度7を記録し、大規模な土砂災害が起こった厚真(あつま)町。地震のあとの状況は報道映像から。

Atsuma1

手前の白い建物が特徴的なので、google mapで探して似たアングルで震災前の航空写真を再現?してみました。

上の写真1枚だけ見ると、もともとそんな地形なのかと誤解しそうになるんですが、下と比べると一目瞭然。この一帯の斜面という斜面が崩れています。火山灰の積もった地層に台風21号の雨がしみ込んでいたところに揺れが加わったという解説がありましたが、いずれにせよすごい力です。

安否不明者の一刻も早い救出を願うとともに、犠牲者にはご冥福をお祈りします。

今回の震災に関しては北海道内が一時全面的に停電したというのが印象的。道内で最も大きい発電所が止まるとなすすべないというのが辛い状況でしたね。

Ship2

関空は3000人と言われた空港内に取り残された人たちの脱出が済み、被害のない第2ターミナルとB滑走路を使って明日から一部の便が運航を再開するとか。

空港施設の復旧は着実に進むと思いますが、橋桁がずれた連絡橋は相当な手間がかかりそうです。架線柱を折り曲げるように押しやっていますから、この橋桁を戻すか除去しないと鉄道の再開も難しい。

Ship1

走錨して連絡橋に衝突した船も、ブリッジなど大破しています。こちらに人的な被害がなかったのが不幸中の幸い。

残っていた日田彦山線探訪、最後は筑前岩屋駅。

Img_5156
Img_5158

大行司から国道を離れて県道を上っていきます。

途中までは、稲穂の出た水田がひろがり、一見何事もなかったかのように見えます。

Img_5161
Img_5162

しかし、筑前岩屋駅が近づくと川の中にはがれきや落石が目立ち、駅まで来ると…

重機は入っていますが、残念ながら昨年10月に訪れた時とほとんど変わっていないように見えます。

Img_5164

駅前の橋は失われたままですが、ぐるっと回って駅へ抜ける道が通れるので、行ってみました。

駅舎は大丈夫で、釈迦岳トンネルの湧水を引いた岩屋湧水も利用できます。この日も汲みに来る人が絶えませんでした。

Img_5163

駅舎側からホームを。駅施設自体はほぼ残っている印象。

Img_5168

ここからさらに上のほうの治山工事をしないといけないからでしょうか?近くで見ると、作業用の通路を確保するために重機で岩を移動しているように見えました。

Img_5167

釈迦岳トンネルの入口は、より草むして分かりにくく…

鉄路を復旧するにしても、トンネルを生かしてBRT化するにしても、治山工事が進まないと手が付けられない感じです。意地の悪い言い方をすれば、バス専用道なら工事用の通路と交差できないこともない…

来春と言われる復旧方針決定を待ちましょう。

Dsc_5895
Dsc_5896

帰り道、小石原の道の駅に寄って経済活動を…

ここは去年の災害の傷跡ですが、今年に入ってから豪雨とか地震とか「被災地」が増えすぎです!

« 久大線復旧区間と日田彦山線不通区間を訪ねて③ | トップページ | 関西空港への鉄道アクセスは4週程度での復旧を目指すとのこと »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久大線復旧区間と日田彦山線不通区間を訪ねて③ | トップページ | 関西空港への鉄道アクセスは4週程度での復旧を目指すとのこと »

無料ブログはココログ