« 平成筑豊鉄道油須原駅でタブレットキャッチャーを発見 | トップページ | 山陰線・山口線経由の貨物列車迂回運転が決定、ほか岡山小ネタ »

2018年8月23日 (木)

北長瀬駅から岡山(タ)の入換作業を見るの巻

諸般の事情で、夏休みも兼ねて岡山に出かけていました。

Dsc_5916

妻と車で出かけたのですが、主な目的地の駐車場は制限がかかり、北長瀬駅近くの代替地に車を停めることに。

Dsc_5915

車を停めたのは、現在の岡山貨物ターミナル(岡山タ)が整備される前に岡山操車場があった場所。

北長瀬駅前広場に写真の記念碑が立つほか、病院や多目的ドームが建ち、現在は来春開業予定の商業施設が建設中、と再開発が進んでいます。

ここまでは、駐車場の位置を調べていて分かったこと。

Img_0019

岡山まで電車で移動するので北長瀬駅ホームへ。

岡山側を見ると、線路が分かれています。

Img_0020

上下線の間に、中線のように線路が1本。

Img_0021

豪雨災害後、8月1日から運転再開した「やくも」が通過。

Img_0031

初日の予定を済ませたあと、北長瀬に戻ってきて駅前を歩いていると、HD300が動いているのが目に入りました。

あ、あの中線に見えたのは岡山(タ)の入換用か…

妻は一目見て「古い機関車

色遣いや、運転台の位置を見るとDE10などと同じに見えますが、ハイブリッド方式でモーター駆動であること、そのため、発進時にエンジンが唸らないことを説明すると納得していました。「Hybrid」の文字も見えたようで。

Img_8772

翌日の夕方。2日目の予定を終え、妻より一足先に北長瀬駅へ。

昨日と同じ時間帯だから入換作業があるのではないかと期待して待っていると、来ました来ました。

Img_8776

進路表示とポイントが変わって、戻っていきます。

Img_8782

もう一丁。

Img_8784

こんどはたくさんコキを繋いでおり、旅客ホームの向こうまで。117系の快速とかぶりました。

本線は岡山(タ)を挟むように走っており、一見中線に見える線路も本線とはつながっておらず、岡山(タ)の入換専用です。

最後に、妻と合流する直前に撮った動画。

北長瀬に車を停めたおかげで、思わぬ収穫でした。

Okayama_terminal

広島県内の豪雨災害の影響で、現在岡山(タ)が山陽線貨物列車の事実上の終点になっています。

平時にどのくらいここを使った入換作業があるのか知らないのですが、折り返す編成を仕立てるための作業が増えてるのかなぁなどと想像。

Okayama_terminal2

伯備線の貨物列車は運行再開しており、また山陰線・山口線経由の迂回運行の前提となる「第二種鉄道事業」の許認可がおりるというリリースも国土交通省から出ています(まだダイヤ等固まっていないからかJR側からはリリースがありませんが)

今は代行トラックへの積み替え、今後は迂回列車を仕立てる作業も加わり、10月に本来の体制に戻るまで、岡山(タ)はイレギュラーな作業が続きます。事故のないようにお願いします。

« 平成筑豊鉄道油須原駅でタブレットキャッチャーを発見 | トップページ | 山陰線・山口線経由の貨物列車迂回運転が決定、ほか岡山小ネタ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成筑豊鉄道油須原駅でタブレットキャッチャーを発見 | トップページ | 山陰線・山口線経由の貨物列車迂回運転が決定、ほか岡山小ネタ »

無料ブログはココログ