« カボスが大きくなってきた ~今日の庭8/5 | トップページ | 日田彦山線彦山~添田の現況を見てきた(前編) »

2018年8月12日 (日)

スペワ跡のスペースシャトルが見ごろ?に

昨年末で閉園したスペースワールド。

遊具の行方や解体状況については過去にも記事にしていますが、今日の状況。

Img_0004

八幡イオンの横を走っていると、街路樹の隙間からスペースシャトルの頭が見えてきました。

Img_0005

真横に来たところで1枚(車のガラスに少し映り込みあり)

Img_0008

スペースワールド駅のホームから。

スペースシャトルのレプリカを取り囲むようにレールが走っていたジェットコースターが譲渡のため解体(分解)されて姿を消したため、「スペースシャトルのある公園」のようになっています。

肉眼で見ると、まだ残っている遊具が目につきますが、写真にするとスペースシャトルの威容が強調されます。いずれ解体されるので、見るなら今のうち、ってところ。

Img_5049

ついでに折尾駅の現況も確認。

今年度中に切り替え予定の筑豊線ホームは路盤部分が完成し、ホーム部分に囲いが。

Img_5051
Img_5045

回り込んでみると、ホームの屋根などを支える鉄骨が組みあがっています。

囲いが取れるときには駅らしくなっていることでしょう。

Img_5053

アンダーパスがあった部分は埋め戻しが進んでいます。

Img_5050

現ホームと新筑豊線ホームの間に、鹿児島線ホームになる1面2線を建設中。

前回見た時は橋脚だけでしたが、路盤部分が作られつつあります。

Img_5046
Img_5048

小倉側も似たような感じ。

既存の通路が残る部分や、現在筑豊線が通る部分の工事は、筑豊線の切り替え後ですね。

Img_5055

最後は筑豊線ホームから見た東口改札とオリオンプラザ。

筑豊線が移設されたあとのことが気になります。この部分は今後作られる構造物が被らないので、短絡線の鷹見口との連絡用に当面残るのか?別の場所に仮改札ができるのか?

« カボスが大きくなってきた ~今日の庭8/5 | トップページ | 日田彦山線彦山~添田の現況を見てきた(前編) »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カボスが大きくなってきた ~今日の庭8/5 | トップページ | 日田彦山線彦山~添田の現況を見てきた(前編) »

無料ブログはココログ