« 門司港駅11月一部供用、来年3月グランドオープン | トップページ | 井筒屋、コレット他3店舗閉店の衝撃、他 »

2018年7月28日 (土)

来春開業のおおさか東線北区間と、梅小路新駅の名称決定等

妙な台風が接近していますね。記念に予報画面を1枚。

Typhoon12

伊豆諸島に沿って北上してきて、西に進路を変えて列島を縦断する勢いの台風12号。

夏の台風は迷走しやすいと言いますが、このような動きはあまりにも「いつもと違う」ので要注意です。しかし、見方を変えると、発生からこのようなコースが予報されていました。最近は精度が高いですね。

これから飛行機・新幹線等への影響が懸念されます。週末とも重なりますので余裕をもって行動ください。

さて、当地では来春門司港駅が復原なってグランドオープンとのリリースが出ました。

他に私が気になっていたところで、JR西日本から2つのリリースがありました。

Osaka_higashi

一つ目は、現在放出から南が開業している「おおさか東線」の北区間のこと。

設置される新駅の名前が決まりました。接続する路線との関係もあり、普通な感じ。南区間に開業した「衣摺加美北」のような難読駅もありません。

Img_6244

開業に向けて、鴫野~放出では学研都市線(片町線)との接続工事が行われています。

これは昨年鴫野駅を訪れたときの写真ですが、5月に線路が切り替わって、学研都市線木津方面は真ん中のオーバーパスを通過するようになったとか。

Img_6259

城東貨物線は鴫野駅の西側で学研都市線とは切り離され、貨物は元の学研都市線の線路(今後おおさか東線となるところ)を通っているという情報もあり。俄然興味がわきますが、当面行ける予定がないんですよね。残念ながら…

旅客から見ると新線開業ですが、実態は貨物列車の運行を続けながらの改良工事ということが分かる現況のようです。最後まで安全に作業を続けていただきたいと思います。

配線や工事後の様子などはこちらのブログを参考にしました。

Kyoto_nishi

もう一つ、山陰線梅小路公園近くに開業予定の駅は、「梅小路京都西」駅に決まりました。

鉄道博物館や水族館へのアクセスのほか、京都観光のサブゲートとしての役割を期待され「京都西」も名乗ることになったとか。梅小路だけでピンとくるものからすると不要じゃないかと思いますけどね…

JRがどこまで本気にしてるか分かりませんが、東側では東海道線が東大路と交差するあたりに新駅をという構想をいう人があります。これと対になることを考えているのか?

Kyoto_higashi

家が迫っていて建設は容易ではありませんが、東山トンネルの上下2本のトンネルの間に少し土地があります。ホームを作るならここですかね?「今熊野京都東」駅とか

京都観光は(地下鉄や私鉄がありながらも)京都駅前に人が集中するという構造的問題を抱えているので、東山観光に便利のいいところにJR駅を作るというのは一つの解決案にはなります。

話を実現する新駅のほうに戻すと、リリースにある「廃止された短絡線を利用した横断歩道橋を整備する」という記述が気になりました。

Kyoto_nishi2

google mapでは工事前の航空写真が出てくるので拝借すると、矢印の線路が新駅設置のために廃止となっています。この高架を撤去せずに人道にリニューアルするのですね。どのような意匠になるのか興味深いです。

« 門司港駅11月一部供用、来年3月グランドオープン | トップページ | 井筒屋、コレット他3店舗閉店の衝撃、他 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 門司港駅11月一部供用、来年3月グランドオープン | トップページ | 井筒屋、コレット他3店舗閉店の衝撃、他 »

無料ブログはココログ