« 久大線1年ぶりに全線復旧、他 | トップページ | 福岡市科学館「スケスケ展」に行ってきた »

2018年7月21日 (土)

スターフライヤーの台北便は北九州と中部の2往復から

スターフライヤーから、冬ダイヤから就航する台北便に関して、福岡空港の発着枠確保が困難なことから、当初の計画であった3路線への就航を断念する旨の発表がありました。

混雑空港に指定されている福岡空港では希望の時間帯の発着枠がとれないため、次の機会をうかがうとのこと。かわりに北九州空港2往復をちょいと期待したのですが…

Sfj_taipei

公式のリリースには、頭記の件に加えて発着時刻の目安も載っていました。

16時台に北九州を出て、台北→中部(ステイ)→台北→北九州に翌日15時頃までに戻る運用で、当面2機体制の国際線用機材を回すのでしょう。

大まかな時刻が決まれば、ツアーなどの企画もできるようになりますね。

Jrw

夏休みや帰省シーズンを迎えて、気になるのは先日の豪雨で寸断された鉄路のこと。

JR西日本のリリースでは、復旧時期の見通しが具体化してきました。山陽本線については開通時期を図に書き込んでみましたが、三原~白市が11月中に復旧すると全面復旧。年内には広島や九州方面への貨物の運行に支障がなくなります。

芸備線や呉線の全面復旧は来年以降になる見込みとのこと。

Img_4932

写真は幸い運行に支障がない観光列車「○○のはなし」ですが、ここ(送り込みで折り返す小月駅)を通過する貨物も、現在福岡(タ)~新南陽1往復だけになっているようで寂しい限りです(JR貨物のリリースから)

トラックや船舶での代行を進めているようですが、早く本来の姿に戻ってほしいものです。

Nagasaki

長崎新幹線は、「本来の姿」のフリーゲージトレインが行き詰まり、事実上断念。フル規格かミニ新幹線か、いずれの方法でも負担の増える佐賀県を説得できるか、という問題はしばらく棚上げになりそうです。

どうやっても佐賀県がウンと言ってくれないという状態で膠着化すると、武雄温泉乗り換えが常態化することになります。うまいこと「政治決着」するか、あるいは長崎までの新線に標準軌でなく狭軌を敷設するスーパー特急でもいいんじゃない?と思ったりしますね。

Img_4904

初日は雨の中撮影したため、改めて新下関にハローキティ新幹線を見に行きました。

新関門トンネルから出てくるところを動画でどうぞ。

« 久大線1年ぶりに全線復旧、他 | トップページ | 福岡市科学館「スケスケ展」に行ってきた »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久大線1年ぶりに全線復旧、他 | トップページ | 福岡市科学館「スケスケ展」に行ってきた »

無料ブログはココログ