« スターフライヤーの国際線用機材、まずは国内の空へ | トップページ | スターフライヤーの台北便は北九州と中部の2往復から »

2018年7月14日 (土)

久大線1年ぶりに全線復旧、他

昨年7月の九州北部豪雨から1年。流失した花月川橋梁が再建され、本日から久大線は全線で運転が再開されました。

湯布院への足を確保するため、小倉・大分廻りで運行されていた特急「ゆふいんの森」も、本来の久留米経由に戻りました。

Yufuin1_1
Yufuin1_3

先月城野駅で撮っていた迂回の「ゆふいんの森91号」

Yufuin1_2

キハ71系の側面には「久大本線ぜんぶつながるプロジェクト」のステッカーが。

Yufuin2_1

こちらは迂回運転最終日となった12日の「ゆふいんの森92号」キハ72系(動画から切り出し)

Yufuin2_2

「1年間のご支援 ありがとうございました!」の文字。

元の動画もどうぞ。

再建なった花月川橋梁は、橋脚の数を減らし、流木等が引っかかるリスクを減らす対策がされています。

久大線が復旧した一方、日田彦山線の再建は手付かず。日田や由布院へのアクセスルートとして特急が走り、「ななつ星」にとっても重要な久大線と比べると…厳しいですね。

この後は1週間前の豪雨災害からの復旧情報。

Taimen1
Taimen2

中国四国地区の高速道路は、対面通行での仮復旧など規制は残りますが、山陽道も復旧し、広島呉道路を除いて通行可能となっています。

Buzen

当地の近くでは九州道の小倉東IC~門司ICの上り線の通行止が続いていますが、こちらの解除はまもなくのよう。新聞記事では、椎田南IC~豊前ICの斜面崩落の規模が大きく、目途が立っていないとか。

Jrw_1

鉄路の被害は深刻で、長引きそうです。

JR西日本が公表した情報によると、徳山~岩国は山陽線・岩徳線とも、広島~三原は山陽線・呉線ともに復旧に月単位を要する見込み。

山陽新幹線が早期に復旧したので同エリアを通過する旅客への影響は最小限となっていますが、地元の方や貨物への影響は大きいです。

Jrw_2

伯備線も同様に復旧に時間がかかるようで、山陰方面への移動がままなりません。

貨物は山陰廻りでの迂回も検討されているようですが、普段走っていないし牽引用のディーゼル機関車も足りるのか?といった限界も指摘されています。一部の迂回が可能になったとしても、輸送力が戻るには山陽法線の復旧を待つほかないと思われます。

最後で申し訳ありませんが、筑豊線桂川~原田も復旧に時間がかかるようです。広域への影響は出ない区間ですが…

|

« スターフライヤーの国際線用機材、まずは国内の空へ | トップページ | スターフライヤーの台北便は北九州と中部の2往復から »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スターフライヤーの国際線用機材、まずは国内の空へ | トップページ | スターフライヤーの台北便は北九州と中部の2往復から »