« 西鉄下大利~春日原高架化(連続立体化)工事の現況 | トップページ | 折尾~黒崎~門司港で進行中のプロジェクトを見に »

2018年6月15日 (金)

新幹線の人身事故で広島~博多長時間運転見合わせ

昨日のこと。仕事が一段落したときに気づくと、新幹線が停まっているとの情報がメールで届いていました。

山陽新幹線人身事故、死亡したのは福岡・直方の男性介護士

先ほどようやくこういう情報が出ましたが、事故現場や被害者につながる情報が得づらく、昨夜は博多~広島終日運転見合わせ。今朝も車両手配の都合で遅れや運休があったようです。

昨夜は別件もあったので、小倉駅へ様子を見に。

Img_9660
Img_9666

発着案内の表示は現在時刻から大きく離れたものになっていました。

駅員さんが時折運転再開のめどが立っていないアナウンスをしていますが、人の動きが少なく、発着案内の流れない新幹線コンコースはシーンと静まり返った感じです。

Img_9663
Img_9664

みどりの窓口は空席状況の案内が消え、自動券売機は停止。

Img_9661
Img_9662

JR九州側の案内はこんな感じ。

在来線は動いているので、小倉から博多方面への移動は何とかなる状況でしたが、広島までは在来線で今日中に乗り継ぐってのは既に無理な時間帯です。山口県内なら何とか…

改めて、九州のりものinfo.comで届いたメールと報道の情報から時系列を整理してみます。

Mail1446

ボンネットが割れているという最初の情報。

「のぞみ176号」の運転士はどうも博多~小倉間で異常音に気づいたようですが、以前小動物にぶつかった時と似ていたため停止や通報をしなかったとのこと。

700b

小倉駅入線時に、監視している駅員が気づいてそこで停めなかったのか、というのが次の見逃しポイント。

ですが、駅員は車両の確認よりもホームの安全確保が主な仕事でしょうから、ホームの人に目を配っていれば無理ですわな…

GJだったのは、小倉を出発してすぐ、対向列車の運転士がノーズの異変に気付き、新下関までに臨時停車の手配ができたこと。時刻的には「みずほ615号」が当てはまります。高速ですれ違って気づくのは難しいでしょうから、双方スピードの出てない状況が幸いしました。

この14時11分というのは、上のニュース映像のように新下関に停まった時刻ではなく、対向列車からの通報で指令が覚知した時刻と考えられます。

Mail1502

次がこんな内容。当該列車は新下関で打ち切るが、後続列車は動かしますよと。

人身事故であるという認識はこの時点ではなく、当該編成は破損があるのでこれ以上の運行は無理と判断したというところまでですね。

その後、3番のりばを開けるため当該編成は一旦厚狭側の引き上げ線に入り、上の写真のように1番のりばへ入れ換えたのち博多総合車両所への回送を待つ、という段取りだったのでしょうか?(小倉側から直接1番のりばには入れません)

Mail1640

混乱を感じるのがこの時間帯からのメール。

私が最初に見たのがこの時期で、「2件も事故があって大変やな」と思ったものです。たぶん「人身事故みたいなので線路点検や警察への通報を」となったのが16時12分ですね。

新下関の1番のりばで連結器カバーを改めて点検して(あるいは外して)「人体の一部と思われるもの」が見つかったと考えると、2時間のタイムラグも説明できそうです。それでもちょっと時間がかかりすぎか…そのまま車両所まで回送されていたら…coldsweats02

Mail2122

それらしいものが見つかったという情報はあるものの、捜索すべき範囲が広すぎるためか、結局この日は列車を動かせず。

せめて小倉に着いた時点で人身事故疑いとして手配がかけられていれば、もう少し早く運転再開できたかもしれません。

あと、JR西日本が出す情報が最後まで「お客様と接触」となっていたのにも違和感を感じました。

Mail2115

同じ時間帯にJR九州から来ていたのはこんな文面。

沿線住民は潜在的なお客様ではありますが、線路は原則立ち入り禁止。新幹線は特例法があってより厳しくなっています。駅で起こった接触事故ならホームにいたお客様の可能性が高いですが、それ以外の場所では線路に入ること自体が不法行為ですから、JR九州のような書き方のほうが正しいと感じます。

自殺などの意図をもって線路に入る行為を完全に防ぐことは、新幹線であっても難しいと思います。しかし、上に挙げた「もう少し早く対応できなかったか?」という点や、小倉~博多は当日中の運転再開が難しいとなった時点で、本数は少なくとも小倉などで折り返す便の設定はできなかったか?といった残念な思いの残る事故でした。

|

« 西鉄下大利~春日原高架化(連続立体化)工事の現況 | トップページ | 折尾~黒崎~門司港で進行中のプロジェクトを見に »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。福岡国際会議場での学会に出た帰りにやられました。新幹線ホテル博多店で15日朝まで一夜を明かしました。貴重な体験ですが、もう少し早く対応開始されていれば、大阪まで帰れたかも、と考察します。

投稿: 滋賀の今村 | 2018年6月16日 (土) 21時48分

それは大変でしたね
地元でのトラブルのため
「広島で足止めを食らい泊まろうと思ったが部屋がなく、ラブホに案内された」とか「厚狭でしばらく待ったが動きそうにないので在来線で帰ってきた」というような方が周りにありました

投稿: ぽっちー | 2018年6月17日 (日) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西鉄下大利~春日原高架化(連続立体化)工事の現況 | トップページ | 折尾~黒崎~門司港で進行中のプロジェクトを見に »