« ラガールスルーに名残を告げに② 久しぶりの能勢電はマルーンカラー | トップページ | 「やさしくて力持ち」のYC1系、九州入り »

2018年5月31日 (木)

ラガールスルーに名残を告げに③ 阪急梅田の印字も確認しましょう

スタンプラリーは続きます。

Img_4539

蛍池に戻り、再度モノレールへ。

磁気カード挿入と、ICカードタッチを間違わないように注意しながらの攻防が続きます。

Img_4541

やってきたのは京急のラッピング編成。

羽田アクセスで東京モノレールと競争するために、大阪モノレールに広告を出す作戦が妙な感じです。逆に、東京モノレールが大阪モノレールをジャックしたらもっとおかしなことになるか…

Img_4542

千里中央で北大阪急行に乗り換えて、緑地公園駅で一旦下車。

Img_4544

新御堂筋の真ん中の掘割に線路があるので、道端から見るとこんな駅名看板が出ています。

なぜわざわざ緑地公園で降りたかというと、北急の終点である江坂は大阪市営地下鉄(現Osaka Metro)が管理する駅だから。

Dsc_5261b

江坂で降りてみるとやはり。市営地下鉄時代の「OC」の印字のままです。

緑地公園で降りて、無事「北急」だけでなく「KE」もゲット。

Img_4546
Img_4545

江坂では、御堂筋線の新旧車両に遭遇しました。

Dsc_5259
Dsc_5260

お次は阪神。江坂からなら御堂筋線で梅田まで行って乗りかえるのが普通でしょうが、一つこだわるために、南方で阪急に乗って梅田へ。

Dsc_5261c

紙のきっぷの時代からの伝統ですが、阪急の梅田は「田」の字が異なるのです。

理由は池田など、同社の他の「田」の付く駅と一目で区別するためだそう。一方の阪神の梅田駅は普通の自体。昔ライバル、今やグループ会社ですが、こんな違いが残っています。

阪神に乗ってスタンプラリー完成!のように思えるのですが、ことはそう簡単ではありません。神戸市内で所用を済ませたのち、夜の部に移ります。

Img_9543

神戸市内の地下を東西に走り、東は阪急と阪神、西は山陽電車の直通を実現しているのが神戸高速鉄道。現在旅客には阪急・阪神の一部として案内されていますが、料金体系上は別路線であったころを引き継いでいます。

Dsc_5270

夕食がてら、神戸高速区間を利用して、阪神(阪神; HS)だけでなく神戸高速(神高; KK)もゲット。これでだいたい想いは果たせました。

Dsc_5269

こちらは高速長田駅の時刻表。駅名は「高速」のままですがすっかり阪神仕様。

隣で磁気カードに乗った「スルットちゃん」はカードの発売終わったから引退しどきじゃないの?もしかして阪急阪神に気ぃ使ってる?(スルッとKANSAIという会社はPiTaPaに関する調整もしてますから残るはず)

いろいろ感慨深い時刻表でした。

« ラガールスルーに名残を告げに② 久しぶりの能勢電はマルーンカラー | トップページ | 「やさしくて力持ち」のYC1系、九州入り »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラガールスルーに名残を告げに② 久しぶりの能勢電はマルーンカラー | トップページ | 「やさしくて力持ち」のYC1系、九州入り »

無料ブログはココログ