« 2年ぶりの北九州空港へのアントノフ飛来は無人機輸送 | トップページ | 新南陽駅で貨物の荷役を遠目に見物の巻 »

2018年4月30日 (月)

北口駅前広場とバスターミナルが改装なった新山口駅へ

世間はGW初日。天気はいいが家族それぞれバラバラに予定。

何もせず過ごすのもアレなので急遽思い立って出動。

とりあえずの目標は「SLやまぐち号」の出発に間に合うこと。

Img_7478

ギリギリ間に合うタイミングだったので、新幹線代をケチって在来線で新山口へ。

下関9:31発の3408Mに乗りかえると、新下関では中線にタラコ色の気動車が停車中(車内からなので先頭のガラスが汚いです)

あとで出てきますが、新山口(下関総合車両所新山口支所)への回送でした。

Img_7480

その先では、一旦小月まで回送されて、折り返し新下関始発となる「〇〇のはなし」とすれ違い。

Img_7485

新山口到着。とりあえずD51-200の姿を撮影して見送り。

Img_7490

牽引するのは「新型」レトロ客車の35系。

見た目はレトロですが、電気指令式空気ブレーキが採用されるなど、中身は新しいです。牽引される音も心なしか軽やか。いっぺん、国鉄時代の客車との違いを感じるために乗ってみたいですね。

Img_7492

完全にSLが見えなくなるまで見送る駅員の皆さん。後ろはガラス張りになっていて、新しく整備されたバスターミナルが見渡せます。

Img_7493

改札を出てデッキ(自由通路)へ。

以前、自由通路供用開始直後の状態を記事にしていますが、点字ブロックから向こう側が今回完成した部分です。

Img_7495

まずデッキを西側へ移動しようとして、下関側から入線してくる気動車を発見。

両数やタイミングからして、先ほど新下関で追い抜いた回送です。11時過ぎに車両所のほうへ入線していきました。

Img_7497

デッキの西側から駅舎のほうを眺めたところ。

ウッドデッキに、寝転ぶのに向いたベンチ、そしてカフェも。

Img_7498

西端の交番のあるあたりから見ると、山口宇部道路に接続するための道路はまだ工事中。手前は一時移設されていたバスの案内所(営業終了)

バスターミナルが移設になるので、ここの道路も完成してるのだろうと勝手に思っていましたが、バス停だった部分が空かないと、連絡道路との接続工事ができませんね

つまり、新山口駅整備が最終形になるのはもう少し先。

Img_7500

1階に下りてみます。自由通路に上がる階段とエスカレーター。

新山口駅北口駅前広場「0番線」と書かれた大きな「ゼロ」の字が掲げてあります。

かつて存在した「0番線」の名前を持ってくることで、駅への親しみとか街との繋がりを感じさせるネーミングでしょうか?

Img_7510

東側(駅から降りてくると右手)にバス案内所があります。

路線図などと共に、バス停風の丸看板にバスのシルエット。

Img_7504

待合室を抜けるとバスのりばに出ます。

山口宇部空港行きなど、南口(新幹線口)から出ていた路線もこちらに集約され、方面別のバス停に。

Img_7506

先ほど、駅ホームから見えていたガラス張りの部分にはSLのシルエット。

SLが出ていく1番のりばと連続性を持たせ、バスのりばが0番のりばと言わんばかりの演出を感じます(直接行き来はできませんが)

Img_7511

最後はデッキから無駄に(失礼)広いバスロータリーを見渡して、新山口駅をあとにしました。

« 2年ぶりの北九州空港へのアントノフ飛来は無人機輸送 | トップページ | 新南陽駅で貨物の荷役を遠目に見物の巻 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2年ぶりの北九州空港へのアントノフ飛来は無人機輸送 | トップページ | 新南陽駅で貨物の荷役を遠目に見物の巻 »

無料ブログはココログ