« 黒崎駅の新しい自由通路が3月25日開通、と折尾駅の現状 | トップページ | ふるさと納税の返礼品で「忍者レフ」をゲット »

2018年3月 6日 (火)

浴室の床を張り替えてもらいました

久しぶりに家の話題。細かなことですが。

Img_9180

今の家に引っ越してから8年が経ちました。
(ということはこのブログもそれだけ続いているということ…)

Img_9181

新築だった家も、そろそろ経年変化が出てきますが、妻が気にしていたのが風呂の床の黒ずみ。一部、凹凸がすり減ったようになったところもありました。

Img_9182

シャワーのホースも結構黒ずんでいます。

Img_9179

風呂蓋をかけておくフックが壊れたり(写真右端)、蓋も黒ずみだけでなく一部破れてきていたので「この修理や買い替えのついでに床のことも聞いてみよう」となりました。

Img_9185

で?どうなったの?

Img_9271

TOTOの販売店の人に見てもらったところ、穴が開いたりしてるわけではないのでそのまま使っても良いが、床面の張替は可能と。

フックの件なども含め、当初十数万円?の話が一桁万円でできるということになり、すべてお願いしてしまいました。

朝から昼過ぎまでの作業で、こんなにきれいに(床以外の壁や浴槽はそのままです)

Img_9272

風呂蓋も仕方なく床に置いていたのですが、元のように壁に掛けられるようになりました。

風呂蓋自体も、材質が変わったのか以前よりかなり軽くなってます。

リフォームというほどではない修理なのですが、気持ちよく入浴できるようになりますので、汚れや傷が気になっている方は相談する値打ちあると思います。

« 黒崎駅の新しい自由通路が3月25日開通、と折尾駅の現状 | トップページ | ふるさと納税の返礼品で「忍者レフ」をゲット »

家(インテリア・設備)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒崎駅の新しい自由通路が3月25日開通、と折尾駅の現状 | トップページ | ふるさと納税の返礼品で「忍者レフ」をゲット »

無料ブログはココログ