« ダイヤ改正に合わせて日田彦山の列車から「サボ」消滅 | トップページ | いのちのたび博物館特別展「Bones~骨、ほね、ホネ~」に行ってきた »

2018年3月18日 (日)

門司港~折尾の北九州市内完結便は415系充当

今回のダイヤ改正では、運行区間の短縮により、短縮区間では事実上減便となったところがあります。当地では鹿児島線門司港~折尾という北九州市内で完結する列車が日中1時間に1本設定されました。

Img_4301

各駅停車折尾行4両。準快速改め区間快速の案内も。

Img_4302

811系かと思ったら415系。

Img_4309

途中、スペースワールド駅で、ゴンドラのなくなった観覧車を発見。

ジワジワと解体は進んでいるようです。

Img_9406

折尾着。前回訪問時より筑豊線ホームのところの橋げたが増えてました。

Img_9409

天気がいいので?若松線にも乗ってみました。

隣の本城から折尾に到着するところを動画で。

建設中の高架ホームに上がるスロープも工事中ですが、単線分しかありません。用地を見てもいったん単線で切り替えることになりそうです。

とはいえ、現状でも折尾~本城間で列車がすれ違うことのないようなダイヤが組んであるため、単線対応のダイヤ改正をしなくてもここの切り替えは可能と思われます。

Img_4313

折尾の4番のりば入線時には「門司港」になっている行先。

Img_9410

3番のりばから見たところ。

Img_9413

4番のりばで折り返すので、「え?これ乗っていいの?」みたいな人も見かけました。

どうも、415系2編成で回すようですね。折尾に着いたところで運転士と車掌の前後を入れ替えて、同じ乗員で戻っていきました。

折尾から西が減ってるんだよなぁ…
門司港発も昼間1時間当たり2本に減ってるし…

« ダイヤ改正に合わせて日田彦山の列車から「サボ」消滅 | トップページ | いのちのたび博物館特別展「Bones~骨、ほね、ホネ~」に行ってきた »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイヤ改正に合わせて日田彦山の列車から「サボ」消滅 | トップページ | いのちのたび博物館特別展「Bones~骨、ほね、ホネ~」に行ってきた »

無料ブログはココログ