« 日田彦山線に復興祈念のイルミネーション列車走る | トップページ | スペースワールド閉園後のスペワ駅の姿他 »

2018年1月19日 (金)

6月から北九州空港にANAの定期貨物便就航、ほか

航空各社が夏ダイヤの詳細を発表したのをうけて、久しぶりに北九州空港関連の話題を。

一つはスターフライヤーの話題。

Img_8693
Sfjoka

今年の夏は、北九州~那覇便が1日2往復運航されます。1往復は昨年夏や今春と同じ時間帯。もう1便は夕刻になるので、沖縄滞在時間が確保しやすくなります。沖縄から当地へ来る方にも使いやすくなりますね。

ANAのリリースによれば、今年もANAとコードシェアの予定。

もう一つは、貨物定期便就航の話題。

ANA北九州に貨物路線、九州産品を那覇中継で輸出…6月から

ANA、北九州に貨物便 専用機で大型品対応

このような記事が配信されました。NCA撤退後、チャーター便は時々来ていますが定期便は久しぶり。

Anacargo1
Anacargo2

上の画像は公式のリリースから。

片道ですので、当地から那覇経由で輸出する荷物が主なターゲットと思われます。

Anacargo3

機材はB767-300Fとなるよう(写真は2010年の羽田)

NCAのB747Fと比較すると小ぶりですが、北九州空港の常連であるA320やB737よりは大きいです。深夜なので姿は目にしにくいですが…

関西→中部→那覇便が北九州寄港に振り替えられるようで、中部発の需要が大きくないのか、北部九州発で「貨物専用機」を利用すべき荷物が多いからなのか、どっちでしょうか?

Hub1
Hub2

那覇空港は、沖縄県も力を入れて貨物の国際ハブとなることを目指しており、(少し古いダイヤですが)ANAが国内とアジア各地からの貨物便を未明の那覇に集め、そこで積みかえて再び各地へ散るような運用を行っています。(図はここここから)

以前就航していたNCAは成田経由での輸出を目指したものでしたが、沖縄貨物ハブに組み込まれる今回のほうが長続きするか?

沖縄の話題ついでに、この記事も。

鉄軌道推奨ルート決定 北谷、沖縄市など経由 県検討委

Okinawa_railway

那覇と名護を結ぶ鉄道のルートが決まりつつあるようです。

« 日田彦山線に復興祈念のイルミネーション列車走る | トップページ | スペースワールド閉園後のスペワ駅の姿他 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日田彦山線に復興祈念のイルミネーション列車走る | トップページ | スペースワールド閉園後のスペワ駅の姿他 »

無料ブログはココログ