« 先住猫の「香箱座り」は膨らみすぎたパン? | トップページ | 来春のダイヤ改正でJR九州は大型減便の報、と、18日から日豊線運転再開の話題 »

2017年12月12日 (火)

スターフライヤーの新安全ビデオで守護神「スターフライヤーマン」デビュー

昨日、スターフライヤー(SFJ)から機内安全ビデオの刷新に関するリリースがありました(公式リリースPDFはこちら、関連記事はこちらなど)

Sfman1

12月17日から、離陸前に流される機内安全ビデオの案内役として「スターフライヤーマン」が登場します。

ビデオのタイトルも「I am STARFLYER MAN」と紹介されてます。

Sfman2

SFJが運航するA320を擬人化したキャラクターで、酸素マスクや救命胴衣を着けた姿、そして衝撃防止姿勢などの場面で「変形メカ」の要素が入っています。

いつの間にこんなものを作っていたのか

かっこいいし面白い

Sfman3

スペックも公表されていて、身長体重誕生日は会社設立日や就航日から。そして、「電子機器が発する電波で誤動作のおそれ」という弱点はA320ゆずり?
#A320が特に電波に弱いという意味ではありません

17日以降は、「スターフライヤーマン」を紹介するページができたり、機内ではリーフレット配布があるようです。グッズ展開も…あるでしょうね。

私が実際に見られるのは2月まで機会がなさそうですが、動画はすでに公開されていますので紹介します。

Sfman4

現行版から変わったところを探すと、酸素マスクは大人が先に着けて、その後子供に、ということが周知されるようになっています(つい子供を優先したくなりますが、大人が低酸素で失神しては子供も救えなくなりますので。乗員も自らを優先します)

他のバージョンもSFJが公式にアップしているので載せておきます。

こちらは16日まで使われるジャズラウンジ版。

3年前まで使われていたのが、個人的には大好きな忍者版。

機内での電子機器使用に関する規定変更(デジカメの使用制限がなくなるなど)に合わせて放映が終了しました。

忍者が登場するキャッチーなアニメーションから、落ち着いた雰囲気のジャズラウンジ風と変えてきたわけですが、今度はメカメカしいキャラクターの登場です。一方、キャラクターが目を引く点を除けば、男性の声で落ち着いた案内になっています。

リリースには「来年度の国際線就航を踏まえてプロモーション」とあるので、ターゲットは台湾の方々?あるいは2020年の東京オリンピックに関連した需要も見込んで?(東京に乗り込んでいる企業としては無視できませんよね)

Taiwan1_2
Taiwan2

台湾と言えばエバー航空がサンリオキャラクターを配した機材を運航していたり、「萌えキャラ」が進出して「痛電車」が走っていたりしますので、漫画やアニメのキャラクターがウケる素地は十分にあります(画像はgoogleの検索結果から)

萌えキャラはさすがにSFJのコンセプトに合わないでしょうから、飛行機の擬人化キャラで勝負というわけですね。

さてさて、スターフライヤーマンには国内外でどのような反応がありますやら。今後の展開に期待です。

« 先住猫の「香箱座り」は膨らみすぎたパン? | トップページ | 来春のダイヤ改正でJR九州は大型減便の報、と、18日から日豊線運転再開の話題 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先住猫の「香箱座り」は膨らみすぎたパン? | トップページ | 来春のダイヤ改正でJR九州は大型減便の報、と、18日から日豊線運転再開の話題 »

無料ブログはココログ