« 北九州モノレールに今年もサンタ列車、ほか | トップページ | 日豊線復旧区間を訪ねて① »

2017年12月29日 (金)

31日に閉園するスペースワールドが、星に名を残すことに

今年12月31日で閉園するため、グランドフィナーレに向けて何かと話題になる当地のスペースワールド。

昨年は「魚を氷漬けにしたスケートリンク」を作って炎上、という不名誉な話題もあり、その後閉園の方針が発表。

Sp2

閉園発表で暗くなるかと思いきや、ふっ切れたように「最後の1年を楽しもう」という趣旨のCMを流してきました。

Sp3

閉園直前の時期に出されたポスターにはこのメッセージ。

「またいつか別の星で」とか泣かせるなぁと思っていると、最後にこのポスターとつながる話題が待っていました。

Sp1

星の命名権をオーストラリアの天文台から購入して、そこに「スペースワールド」と名づけたとのこと。閉園して公式サイトが閉じられると、この事実も埋もれてしまうので、以下のリリースを内容を載せておきます。

オーストラリアにある「スプリングブルック天文台(オーストラリア連邦クイーンズランド州)」の星命名サービスにより取得したもので、地球から417光年、おうし座星群のGSC653:1366の星が「SPACE WORLD」と名付けられました。これにより、スプリングブルック天文台において、「SPACE WORLD」という名は永久に登録・保存されることになりました。
スペースワールドは12月31日に閉園しますが、スペーワールドの物語は、おうし座の方角に浮かぶ小さな星で続いてゆきます

天文台の名前で検索すると、3万円弱で登録可能で、記念のギフトとしてどうぞ、と販売しているところを見つけました。

天文台の公式サイトらしきものも見つかったのですが、星命名サービスのことや、登録済みの星の一覧は見つかりませんでした。したがって、この証書しか証拠が残らない可能性があるのが残念(webで検索できないのでは、直接問い合わせでもしない限り確認のしようがない。もう一点言うならば、あくまで天文台独自の命名で、天文学の世界での公式名ではありません)

Sp4

あ、面白いと思って書き始めたんですが、星命名サービスを調べているうちにケチつける方向に

自分がこのサービスを利用するか、とか、人に勧めるか、との観点で書いてしまいました。

Img_0793

「スペースワールド駅」は閉園後も当面同じ名前で残りますが、来春のダイヤ改正後は快速が通過する駅に「格下げ」が決まっています。

明日明後日の予定を考えると、今年の更新はこれで最後になると思います。皆様良いお年を。

« 北九州モノレールに今年もサンタ列車、ほか | トップページ | 日豊線復旧区間を訪ねて① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北九州モノレールに今年もサンタ列車、ほか | トップページ | 日豊線復旧区間を訪ねて① »

無料ブログはココログ