« 福岡市科学館に行ってみた(後編) | トップページ | 日田彦山線の収穫列車『みのり号』、今年も運行 »

2017年11月25日 (土)

枝光駅周りの散策など

先日午前中の散策の記録から。

Img_6563

まずは九州工大前駅に接続する跨線橋から。

Img_8960

若戸大橋を背景にできる博多側もいいですが、今回はこっち。

Img_6566
Img_6570

1065レと1063レ。後者は銀釜(EF81-303)牽引です。

逆光でもギラッとしていいかなと思ったんですが、残念ながら雲が…

Img_6572
Img_6573

九州工大前のホームから。

本来レール輸送のチキを返送するスジの171レですが、濃硝酸のタンクを1両だけ牽いていました。

Img_6605

この後、ふと思い立って枝光駅へ。

戸畑~スペースワールド間で旅客線から海側に分かれて走る貨物線が気になりまして

写真は時間的には最後に撮ったものですが、ホームから貨物線と、都市高を延長する形で建設中の枝光~戸畑の高架道が見えます。

Img_6574
Img_6576

枝光駅から北側に少し歩くと、貨物線の若戸踏切。

隣接して道路の工事現場も見られます。

Img_6583

「どれどれ」を見ながら少し待ち、2071レを撮影。

Img_6578

駅のほうへ戻っていると、新日鐵住金の専用線「くろがね線」にどうも列車が停まったままです。

Img_6589

線路沿いの道を上がっていくと、JRの旅客線と同様トンネルの出口があります。歴史を感じる重厚なレンガ造り。

Img_6596

振り返ると、やっぱり鉄橋の上に列車がおり、何やら作業中です。

Img_6600
Img_6601

トラブルかと思いましたが、下で警備されている方に伺うとメンテナンス作業とのことでした。

« 福岡市科学館に行ってみた(後編) | トップページ | 日田彦山線の収穫列車『みのり号』、今年も運行 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福岡市科学館に行ってみた(後編) | トップページ | 日田彦山線の収穫列車『みのり号』、今年も運行 »

無料ブログはココログ