« 枝光駅周りの散策など | トップページ | ご近所にコメダ珈琲建設中の巻、と薄型信号機の話題 »

2017年11月26日 (日)

日田彦山線の収穫列車『みのり号』、今年も運行

このところ恒例となっていた日田彦山線の秋の臨時列車「みのり号」。

日田彦山線は現在水害の影響で一部区間が運転見合わせとなっていますが、今年も11月25日に運行されました(小倉~添田が列車で、「歓遊舎ひこさん」までバス移動)

Img_6650

まずは往路の城野駅入線から。

国鉄色のキハ66・67形が使用されることもあり、「撮り鉄」にも人気です。

Img_6652
Img_6654

日豊線小倉方面から日田彦山線に入る列車は2番線経由で転線するので、1番線から撮影。

ヘッドマークには、JR九州筑豊篠栗鉄道事業部の文字と、日田彦山線活性化推進沿線自治体連絡会のメンバー自治体のマーキング。

Img_6659

城野では数分間停車の後、日田彦山線へ(写真右側にカーブしていく線路です)

Img_6662
Img_6666

公表されているスケジュールでは、次は採銅所駅で地元からの「おもてなし」を受ける予定ですが、隣の石田で時間調整をするはず、と考え見に行くと、いましたいました

もっと青空なら後ろの足立山まで映えるのですが…

Img_6673

後続の列車に抜かれるという臨時列車らしいシーンも。

採銅所までの間で、これができるのが石田だけなので(石原町の設備縮小の記事はこちら)、石田で退避するだろうと踏んでいたのです。

陰ってしまいましたが、石田出発シーンを線路端から。

遠出は難しい事情があり、往路の追いかけはここまで。

Img_6687

復路の時間、少し出られそうだったので志井駅へ。

誰もいないかと思ったら数名の同業者

Img_6693
Img_6696

相対ホームで、カーブした複線の構内なので、山影であることを気にしなければ悪くない撮影場所です。

Img_6703

対向列車を待って発車していきました。

志井は列車の交換は可能ですが、場内・出発いずれも決まったホームしか信号がなく、追越しや折返しは想定されていません。

Img_6707

最後は再び石田駅。

復路の石田では、ここで最後のおもてなしとして抽選会が開かれるよう。私が着いたころには配り終わったようでした…

Img_6710

復路でも後続に道を譲った後に出発していきました。

沿線でお世話された方など、お疲れさまでした。被災区間の復旧に向けた動きが進むことを期待しています(とはいえ復旧費用は巨額ですのでどうなるか…)

« 枝光駅周りの散策など | トップページ | ご近所にコメダ珈琲建設中の巻、と薄型信号機の話題 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枝光駅周りの散策など | トップページ | ご近所にコメダ珈琲建設中の巻、と薄型信号機の話題 »

無料ブログはココログ